ここから本文です

「中国には行かないけどアメリカはアリ」。ピケ、引退前のMLS参戦に興味

フットボールチャンネル 9/27(火) 12:54配信

 バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケは、引退前にアメリカでプレーすることも考えているようだ。26日付け『マルカ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 現在29歳のピケはクラブだけでなくスペイン代表でも数々のタイトルを勝ち取り、バルセロナとは2019年まで契約を残している。

 近年急成長を続けるリーグには中国とアメリカが挙げられるが、バルセロナでのキャリアを終えた後について聞かれたピケは、アメリカ・MLSでのプレーに興味を示した。

「2つのリーグはそれぞれやり方は違うが、成長を続けている。以前、MLSは世界で6番目に影響力があるリーグであるということを読んだ。アメリカの人々はサッカーにだんだん目が向き始めている。中国に行くことはないと思うけど、アメリカはアリかもね」

 また、ピケは「常にバルセロナで引退したいと言ってきた。しかし数年後、もしサッカーを続けていきたいと考えていたらアメリカ行きは魅力的なオプションになるだろう」とアメリカでプレーする可能性について語った。

フットボールチャンネル

最終更新:9/27(火) 13:09

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。