ここから本文です

韓国最高の育成監督だった故イ・グァンジョン氏。ソン・フンミンやキ・ソンヨンらも発掘

フットボールチャンネル 9/27(火) 14:30配信

 韓国で一人の監督が逝去した。日本ではあまり知られていないが、育成の専門家として実績のあるイ・グァンジョン氏だ。ソン・フンミンやキ・ソンヨンなど数多くの名手を育てた名将の死に、現地記者は深い悲しみのなかにいる。(文:キム・ドンヒョン【城南】)

各グループの上位2チームが本大会出場 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

ソン・フンミンも発掘。韓国屈指の育成専門家の死

 今朝、平昌(ピョンチャン)から戻ってくる途中だった。ニュースで慣れた名前が流れ、よく聞いてみると悲報だった。元U-23韓国代表監督のイ・グァンジョン氏が、白血病のため26日に52歳で亡くなられたのだ。

 彼は韓国で知られざる育成専門家の一人であった。中学生だったイ・チョンヨン(クリスタルパレス/イングランド)、キ・ソンヨン(スウォンジー/イングランド)などを発掘したチョ・グァンレ元韓国代表監督(現大邱FC社長)に並ぶほどだと、個人的には思っている。

 今夏、レスター(イングランド)からラブコールも受けたと噂された韓国代表MFイ・ジェソン(全北現代)、トッテナムのエースとして活躍しているソン・フンミンなどは彼が指導した弟子にあたる。

 指導者の出発からユース指導に力を入れた。韓国サッカー協会のユース指導者を歴任すると、段階別に年代別の代表を任された。実績も素晴らしい。2008年、U-16代表のアジア選手権では準優勝を成し遂げ、2009年U-17W杯に出場。この大会でベスト8に進出。ソン・フンミンもこの大会から名声を挙げたのだ。

 そのメンバーがそのまま維持され、2010年U-19大会ではベスト4、2011年U-20W杯でもベスト16に進出している。そしてキャリアのハイライトはアジア大会の金メダル獲得だ。2013年11月にU-23代表監督に就任し、決勝では北朝鮮を撃破、韓国にとって28年ぶりとなる金メダルをもたらした。

 この金メダルでチャン・ヒョンス(広州富力/中国)、パク・チュホ(ドルトムント)などが軍隊免除の特恵を受けた。今年開かれた2016年リオデジャネイロ五輪でも監督を務めることが内定されていたが、昨年2月に白血病と診断され、シン・テヨン監督に指揮を譲っていたのだ。

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 14:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)