ここから本文です

苦境の香川、CLレアル戦もベンチ濃厚。ドルト指揮官得意の“肩透かし”でサプライズの可能性あるが…

フットボールチャンネル 2016/9/27(火) 15:00配信

 現地27日夜、ホームにレアル・マドリーを迎えるボルシア・ドルトムント。CLの大一番と言える一戦だが、香川真司は厳しい状況だ。トゥヘル監督はこれまでいくつものサプライズを起こしてきた。可能性はなくはないが……。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

絶好調、香川真司。軽快な動きでアピール【現地貴重映像】

CLレアル戦。BVBは守備陣に不安要素

 勢いと実力は違う。2016年9月27日のチャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節、ボルシア・ドルトムントはホームにレアル・マドリーを迎える。

 26日付の『キッカー』誌は今週行われるCLのプレビュー欄を「スペイン・ウィーク」と題した。第2節はドイツ勢3チームがスペイン勢と対戦する。他会場ではバイエルンがアウェイでアトレティコと、ボルシアMGはホームでバルセロナと戦う。とりわけドイツに2日連続でジネディーヌ・ジダンとルイス・エンリケが交互にやってくる様は、なかなか豪華絢爛である。

 ドルトムントは14日のCLレギア・ワルシャワ戦から、公式戦4連勝でレアル戦を迎えることになった。4試合で20得点2失点と結果を残して、波に乗っている。しかし『キッカー』誌が「欧州のトップレベルを体現する」と記すように、“エル・ブランコ”は今季の対戦相手とは次元の違うクラブだ。

 決して連勝で得た自信は無駄ではないが、“勢い”だけではどうにもならない相手もまたこの世界には存在する。「欧州のトップレベル」との試合で、ドルトムントの現時点での“実力”が明らかになると言えそうだ。

 ドルトムントは不安要素を抱えている。CBのポジションだ。融合が順調に進んでいた新戦力バルトラが20日のボルフスブルク戦で負傷離脱した。そこで23日のフライブルク戦ではギンターが代わって4バックに入った。

しかし、試合中に何度かギンターが残ってオフサイドを掛け損なうなど、DFラインは不安定な姿を見せてしまう。そうして60分には、ギンターがマキシミリアン・フィリップにあっさりかわされて失点を招く。リオ五輪に参戦したギンターの状態は良くない。

 終了間際に3-1とするゲレイロの鮮烈なダメ押し弾でうやむやになったが、フライブルク戦は格下相手の接戦だった。レアル戦ではロナウド、ベイルらが繰り出すシンプルで破壊的なカウンターの脅威に、常に晒されることになりそうだ。そして、香川はどうなるだろうか。

1/2ページ

最終更新:2016/9/27(火) 17:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。