ここから本文です

意外に高い? バルサ、メッシ不在時のCLでの勝率は約80%

フットボールチャンネル 9/27(火) 22:02配信

 ケガのリオネル・メッシを欠いて、チャンピオンズリーグ(CL)のボルシアMG戦に臨むバルセロナ。エースの不在を不安視する声もある一方で面白いデータも存在する。26日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 リーガエスパニョーラのアトレティコ・マドリー戦で右足を負傷し、約3週間の離脱を余儀なくされたメッシ。その中には、リーガ、CL、代表戦と様々な日程が組まれている。そんなハードな日程が続く中で巡ってきた、エースを欠いてのドイツでのアウェイマッチ。

 そんな中、上述のアス紙はひとつのデータを示している。メッシがトップ昇格し、CLでプレーする様になった2005-2006シーズン以来、CLでの出場可能機会は128試合あり、うち105試合に出場している。つまり、これまでに23試合を欠場していることになる。

 そのメッシ不在の23試合で、バルセロナは18勝2分3敗という好成績を残しており、勝率は78.36%を記録しているということだ。ちなみに昨シーズンは3試合に欠場しているが、3戦全勝だった。

 メッシの存在感は絶大だ。それでもバルセロナはメッシ抜きでも高い勝率を維持している。スペインの雄の選手層の厚さ、底力を感じさせるデータである。果たして、今回のボルシアMG戦でもこの数字通りの結果を呼び込めるのか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/28(水) 0:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)