ここから本文です

言葉に「言霊」が宿るとき[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN 9/27(火) 10:00配信

英国で、再び女性首相が誕生したが、19年前に聴いた、サッチャー元首相の講演を想い出す。1997年、中国への香港返還行事の後、元首相の立場で来日したサッチャー女史の講演を聴いた。しかし、その講演で印象深かったのは、講演の内容以上に、講演の後の聴衆との質疑応答であった。質疑の冒頭、ある経営者が、次の質問をした。



サッチャーさんは、英国の改革を成し遂げられた指導者ですが、この日本という国も、長く低迷を続けています。もし、サッチャーさんが日本の首相だったら、どのような手を打ちますか?

この質問に対して、壇上のサッチャー女史は、静かに、しかし毅然と、こう答えた。

もし、私が、この国の指導者であったならば、この国を改革する方法は、ある。しかし、一つだけ申し上げておきたい。政治に、マジックは無い!

その瞬間、彼女の最後の言葉が、胸に突き刺さってきた。「政治に、マジックは無い!」。静かな語り口ながら、明確に言い切ったその言葉が、鋭く突き刺さってきた。その通り! 政治や経営に、マジックは無い。政治家として、経営者として、あらゆる逆風に抗し、やるべきことを、やる。信念を持って、やる。それだけであろう。

それにもかかわらず、この質問をした経営者の雰囲気から伝わってきたのは、「サッチャーさん、何か、上手い方法はないでしょうか」「何か、改革の秘訣のようなものはないでしょうか」という、手軽な解決策を求める「安易な精神」。我々の心の中に、常に忍び込む「精神の甘さと弱さ」。

その心を見透かしたように、サッチャー女史は、「政治に、マジックは無い!」と言い切った。短いが、見事というべき回答。

しかし、当の経営者を見ると、その釘を刺すような回答に対して、戸惑っている表情。残念ながら、自分の精神の安易さを指摘されたと気がついていない。その表情からは、「サッチャーさん、答えは、それだけですか」という戸惑いが伝わってくる。

プロフェッショナルの世界には、「下段者、上段者の力が分からない」という名言があるが、まさに、それを象徴するシーン。この経営者、遥か上段者のサッチャー女史が、何を指摘しているのかが、分からない。その瞬間、この経営者の表情から心の動きを読み取ったサッチャー女史は、どう処したか。ただ、一言、朗々とした声で、付け加えた。

「ネクスト・クエスチョン!」

その経営者から目を離し、会場を見渡しながら、そう言った。何が起こったのか?サッチャー女史は、ただ一言の余韻で、無言のメッセージを伝え、聴衆を切って捨てた。

「つまらない質問は、ここまで!他に、まともな質問は!」

筆者には、そう聞こえた。さすが、サッチャー女史、「鉄の女」と評される人物。言葉の余韻で、人を切る。言葉の余韻で、深いメッセージを伝える。

筆者は、ダボス会議や先進国首脳会議において、世界各国の大統領や首相のスピーチを間近に見てきたが、これらの政治家と比較しても、サッチャー女史の言葉には、比類なき力が宿っていた。では、何が、彼女の言葉に、その力を与えているのか? なぜ、彼女は、言葉の余韻で、深いメッセージを伝えることができるのか?その理由は、話術やレトリックではない。その理由は、究極、ただ一つであろう。

自分が語ることを、自分自身が、誰よりも、深く信じていること。

単なる「思い込み」ではなく、揺るがぬ「信念」と呼ぶべきもの。その「信念の深さ」が、言葉に力を与える。そして、ときに、「言霊」を宿らせる。そのことに気がついたとき、我々は、話者として、ある高みに向かって登り始めている。

田坂 広志

最終更新:9/27(火) 10:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。