ここから本文です

【鳥栖】かつての同僚との攻防戦。富山貴光がPKのキッカーとして示した成長の証

SOCCER DIGEST Web 9/27(火) 17:00配信

「いろいろな想いがあった1戦だった」

[J1第2ステージ13節]大宮 1-1 鳥栖/9月25日/NACK
 
 時間にすれば、たった数分。主審が笛を鳴らし、ボールがゴールネットを揺らした間ならば、1分にも満たない。
 
 古巣・大宮のサポーターたちが織り成すオレンジ色の壁を真正面に見て、それでも富山貴光はいたって冷静だった。
 
「ゴールマウスの後ろは視界に入ってこなかったと言うか......GKと向き合うことだけ集中していたから、気にはならなかった。意外と緊張をしないで、いつも通りの感じで蹴られた。場所がNACKだったからかもしれないですね」
 
 逆にそのサポーターを気にしていたのは、数メートル先で向き合った大宮のGK塩田仁史だった。
 
「塩田、塩田仁史、ラララーラーラー、ラララーラララー」という自身のチャントを背に受け、気持ちを奮い立たせている。
 
 そして、主審が合図をした。富山が助走を始めた。右か、左か。真正面という選択肢もある。
 
 回想する。「最初から左に蹴ろうと決めていた。蹴ろうとした瞬間、先に逆へ動いてくれたんで、ホッとした。シオさん(塩田)とは(大宮にともに所属していた昨季の)練習の時に、PKをよく受けてもらっていたので。お互いにいろいろな駆け引きをしながらだったと思いますけど、(自身から見て)右に飛んでくれて良かった」。
 
 対する塩田は――。先制点を献上した、この攻防にどう立ち向かっていたのだろうか。
 
「練習でいつも受けていたので、(自分から見て右に)蹴るかなとは思っていた。ただ、相手も僕がそっちに飛ぶと分かっているかなと、だから逆を突いてくるかなと先読みし過ぎた。でも、あいつは『自分の信じたコースにしっかり蹴る』という感じで蹴ってきた。駆け引き以前の問題だったかな。向こうのほうが上手と言うか、自分の信頼しているところにきちんと蹴ったという面でいえば、メンタルも上だったかなと思うし、いいPKでしたね」
 
 富山が指摘するように、キッカーがボールをインパクトするよりも「先に動いた」ことについてはどうか。
 
「ちょっと早かったとは思う。でも、あいつはパンチのあるシュートを持っているから。いいコースに蹴られたら、少し早く動かなくちゃいけない。あのシーンに関しては、もうちょっとプレッシャーを掛けても良かったなと思う。あいつの性格を考えても、『迷わず自分のコースに』ですからね。まぁでも、あいつのシュートが良かった。今回は俺より上だったってこと。あのPKは完敗です」

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。