ここから本文です

エルトン・ジョンが『イマジン』を歌った、1980年の野外コンサートを振り返る

ローリングストーン日本版 9/27(火) 16:30配信

ジョン・レノンが悲劇的な死を遂げる3カ月前、エルトン・ジョンはセントラル・パークで行われた大規模な野外コンサートで、親愛なる友を称えた。

【動画あり】エルトン・ジョンが『イマジン』を歌った、1980年の野外コンサートを振り返る

1980年9月13日に、エルトン・ジョンを見るためにニューヨークのセントラル・パークに集まった人々の正確な数は、今後も分からないままだろう。その数は、30万人とも40万人とも報じられているが、ニューヨーク・タイムズ紙の2008年の記事では、その数字は基本的には"でたらめ"だということが明かされている。セントラル・パークの前管理者であるダグラス・ブロンスキーは、次のように話している。「プロデューサーと警察官、そして公園から来た人と一緒に部屋の中に入ると、誰かが『あなたにはこの数字がどのように見えますか?』と尋ねるのです。するとプロデューサーは、『前回よりも多くないとダメだ』と言う。これは、数字に固執したある種の科学のようなものなのです」。

あの日、セントラル・パークには40万人の人はいなかったかもしれないが、イベントの映像を見ると、翌年の夏にサイモン&ガーファンクルが動員した人数と同じくらいに、どこから見ても非常に多くの観衆がいるように見える。集まった人々は『僕の歌は君の歌』『ベニーとジェッツ~やつらの演奏は最高』『可愛いダンサー~マキシンに捧ぐ』のような大ヒット曲や、『リトル・ジニー』『恋という名のゲーム』のような新しいメロディーとのミックス曲、『罪人にあわれみを』『ハーモニー』のようなディープな楽曲を含む輝かしいショーを目撃した。また、エルトン・ジョン・バンドのオリジナルメンバーであるベーシストのディー・マレイ、ドラマーのナイジェル・オルソンが再び一堂に会した姿を見る機会にも恵まれた。

コンサートの終了間際、エルトンはジョン・レノンの『イマジン』のカヴァーを演奏した。「もう長いこと会っていない友人が書いた曲をやろうと思います」とエルトンは語った。「とても美しい曲で、みんなが知っています。彼はすぐひとつ通りを渡ったところに住んでいます。彼は長いことレコーディングを終えていないけれど、今はひとつのことを続けているのです」。

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 16:40

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

なぜ今? 首相主導の働き方改革