ここから本文です

打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

ニューズウィーク日本版 9/27(火) 16:13配信

<ディズニーに対抗する中国一の富豪、王健林とワンダグループは、2020年までに最大20のテーマパークを作る計画だ>(写真は2013年11月、合肥市で建設途中だったワンダシティ)

 中国で打倒ディズニーを宣言してきた「大連万達集団(ワンダグループ)」は先週末、中国東部の安徽省合肥市に同社にとって2番目のテーマパークをオープンした。

 中国一の富豪、王健林(ワン・ジエンリン)率いる大連万達集団が9月24日に中国東部の合肥市にオープンしたのが「合肥万達文化旅遊城(ワンダシティ)」という複合施設だ。

The water park in Hefei Wanda City covers more than 30,000 square meters. https://t.co/hHS7AkNS46 pic.twitter.com/b7MWVRxrLP— Wanda Group (@DalianWanda) 2016年9月24日


 この複合施設には240億元(36億ドル)が投じられ、ホテルやショッピングモールのほか、中国のイスラム系少数民族「回族」の文化を再現したというテーマパークなどがある。

もうモノマネはしない

 大連万達集団は今年5月に、中国南東部の南昌市に最初のテーマパーク「南昌万達文化旅遊城」をオープンしたばかり。2020年までには中国全土に最大20の複合施設の建設を計画している。

 アメリカの巨大企業ウォルト・ディズニーは、中国本土で初の「上海ディズニーランド」を6月にオープン。「香港ディズニーランド」の約3倍の規模を誇っている。

【参考記事】これは本物! 上海ディズニーランド開園、中華演出で集客狙う

 BBCの報道によると、大連万達集団のオーナーである王は5月、国営テレビ局CCTVのインタビューに応じ、「ディズニーが今後10~20年、中国で利益を出せないようにしてやりたい」と話した。また、ワンダグループのテーマパークの船出と共に、西欧文化を模倣するのもやめにしたい、と語った。

【参考記事】パクリもここまで来た仰天「ディズニーラオス」

 フォーブス誌によると、王はスペインのサッカーチーム「アトレティコ・マドリード」の株式20パーセントも所有しており、資産は推定332億ドル。中国一の富豪であり、アリババ・グループ(阿里巴巴集団)の創業者である馬雲(ジャック・マー)を大きく引き離しているという。

コナー・ギャフィー

最終更新:9/27(火) 16:13

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)