ここから本文です

松田龍平ワールドに感服!夏ドラマの助演男優賞たち【前編】

女子SPA! 9/27(火) 16:20配信

【夏ドラマを勝手に表彰 助演男優賞 前編】

 2016年の夏ドラマ大賞を総評中の芸能ライターのスナイパー小林です。

 ここからはドラマでキラリと光る何かが見えた助演俳優たちを紹介していこう。主演男優賞の記事でも伝えたのだけど、4年に1度の祭典の煽りを食らって話題に上がることが少なかった今クール。主演女優賞は何度考えても該当者は私の中に上がってこないまま終了した。

 そのぶんなのかは不明だが、助演が光る役者がザックザク。主役よりも脇役が光っていた。これが夏ドラマのひとつの傾向だったように思う。その中からまずは朝ドラ以降ブレイク中のあの人と、貴重なドラマ出演で存在感をアピールした二人から。

◆“ほどよく熱い演技”がクセになる

助演男優賞:山内圭也(HOPE~期待ゼロの新入社員~/フジテレビ)

 総合商社・与一物産の営業三課は社内ではいわゆる厄介払いのような部署。そこに属しているのが主任・安芸公介(山内圭也)だ。三課には彼の他に課長の織田勇仁(遠藤憲一)と、契約社員の一ノ瀬歩(中島裕翔)の計3名。少々強引だけど愛情豊かな上司と、正社員になろうと実直に働く後輩に挟まれ働く安芸は、お人好しで涙もろくて、熱くなりやすい男だ。

 ドラマ内では、正社員になることができない一ノ瀬を思って、安芸が酔って号泣するシーンがあった。鼻水を垂らして思い切りブサイクな泣き顔はギャグそのもの。でも、彼の演技には笑いだけではなくて、ちゃんと後輩への愛情がほどよく伝わってきた。

 観る側と演じる側の温度差をきちんと知っている役者さんだ。

 朝ドラ「あさが来た」の山本雁助(がんすけ)役で、叶わぬ恋を胸に秘める姿が印象的だった彼。次作は演技でどんな温度を感じさせてくれるのか期待をこめて、助演男優賞をどうぞ!

◆画面から伝わってくるぞ、脱力感!

助演男優賞:松田龍平(営業部長 吉良奈津子/フジテレビ)

 広告代理店のクリエイティブ局のエース、高木啓介を演じていた松田龍平。高木は吉良奈津子(松嶋菜々子)のかつての後輩で、彼女が産休と育休を取得している間にNo.1に鎮座したという役どころだ。何かと文句をつけながらも、最終的には復職で営業部に飛ばされた奈津子に助けられて、彼もまた彼女をサポートしていく。

 いやー、参った。なにが参ったって、画面を通してぐんぐん伝わってくる松田龍平の“普通っぽさ”爆発の演技だ。彼が独特の世界観を持っていて、超がつくほどマイペースであることは各所で知られている事実。どんな大物俳優も舌を巻くという松田ワールドが滲み出ていて「ああ、この人どこに行ってもこのまんまなのだな……」と。なのに、普通さもちゃんとあって役に説得力があるところがスゴい。

 おそらく彼は「クリエイティブに所属している独身男性」という役だけをポンと与えられて、そこに松田龍平を当てはめているだけ。役作りなんてとんでもない、そのままの自分で行く。今回も最終回までほぼ表情も声色も変えずに、ひょうひょうと演じていた。

 番宣で「とんねるずのみなさんのおかげでした/フジテレビ」に出演したときに100万円の牛肉を自腹で買わされていたけれど、そのときも同じくいつものまま。高木啓介を演じる松田龍平と大差がないから、またスゴい。

 なかなかドラマではお目にかかれない松田さん。こういう姿を見せられると2年に1回くらいは画面でお会いしたくなってしまう。

<TEXT/スナイパー小林>

【スナイパー小林 プロフィール】

ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k

女子SPA!

最終更新:9/27(火) 16:20

女子SPA!