ここから本文です

東京異業種転職:転職後に年収1.8倍!出版社から、六本木の急成長中アドテク企業へ

東京カレンダー 9/27(火) 5:20配信

貴方は今の仕事に満足していますか?

終身雇用が当たり前でなくなり、デジタル化が進み、AIの脅威にさらされる職業も出てきている昨今、自分の市場価値を常日頃意識しつつ働く東カレ読者も多くいることでしょう。

【この記事の全ての写真】

弁護士や医師といった専門職に自営業と、一般的な転職の概念を持たない読者もいる一方で、現在進行形で転職を検討中だったり、転職活動中の人も多くいるはず。

そんな中でも一風変わった転職経験者たちの話を等身大で語ってもらった。初回は、市ヶ谷の出版会社からアドテク業界へ異業種転職した三井さんに話を聞いた。

出版社での英語学習事業から、広告アドテクの最先端へ

三井さん(29歳)は、現在六本木にあるアドテクノロジー関連(以下アドテクと表記:最先端のインターネット広告のこと)ベンチャー企業で営業マネージャーとして勤務する。

既存の広告手法を変える国内初の新しいインターネット広告サービスを開発以来、市場を牽引し、益々成長を続ける同社で、今後は海外支社の立ち上げを行う予定だという。

「この業界で働く人は、新しいテクノロジーを駆使して世の中の仕組みを変えたり、前例のないことに挑戦することが好きな人が多く、そういった人たちと毎日仕事ができることはとても刺激的です」

そう言って、その日プレスリリースされたばかりの、イギリスのFinTech企業がローンチした新たな海外送金サービスについて興奮気味に話していた。

そんな三井さんは、大学卒業後、海外経験を積みたいと米国・ニューヨークへ単身渡米。現地で広告代理店のインターンシップを行った後、日本に帰国後まもなく、第二新卒として語学系出版物に強みのある市ヶ谷の出版企業に入社した。

社員の英語力向上を強化する上場企業の英語研修事業に携わってきたそうだが、出版業界からデジタル業界へ異業種転職した背景を詳しく伺った。

「地元は九州でしたが、戻ることは考えませんでしたね。元々、父親が単身赴任で東京に住んでいて、かつ中学生の時に池袋ウエストゲートパークが好きでよく東京に来ていました。日本で仕事をするなら、東京の一択以外ありませんでした」

前職時代の年収は、420万円ほど。祐天寺にある3LDKのマンションで友達とルームシェアをし、飲み会の出没エリアは専ら中目黒と恵比寿が多かったという。週に2,3回お食事会好きな友達に連れられ、男女のお食事会に行く生活を続けていたそうだ。これまで200回以上もお食事会に参加してきた。

三井さんが転職を考え始めたのは、仕事にも慣れ、入社してから1年半ほどになろうとしていた頃だった。

「職場の人間関係は非常に良好で、結果も残し、社内でも評価されていました。ただ社外に目を向けた時、出版業界自体が右肩下がりの中で自分の市場価値ってどんなもんだろうと思うようになったんです。

組織の仕組やお金の回り方も理解してきた頃で、役職が付いても、している仕事は同じような気がして、そのまま同じところにいるべきか悩み始めました」

1/3ページ

最終更新:9/27(火) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016