ここから本文です

オスロを訪れたら必ず足を運びたい 観光スポット満載のメインストリート

CREA WEB 9/27(火) 12:01配信

Magnificent View #1092カール・ヨハン通り(ノルウェー)

 ノルウェーの首都オスロを訪れた観光客が必ず足を運ぶ場所といえば、カール・ヨハン通りだろう。オスロ中央駅から王宮まで続くメインストリートで、オスロ大聖堂や国立劇場など、有名な観光スポットが点在している。

 その名は、19世紀にノルウェー王を兼任していたスウェーデン王、カール3世ヨハン(スウェーデンではカール14世ヨハン)に由来する。

 約1.5キロの通りに並ぶのは、どっしりと風格のある、19世紀建築の建物。一部は歩行者天国になっているので、それらを眺めながらのんびり歩くだけでも楽しい。

 週末には大道芸人がいたるところに登場。多くの人で賑わうが、公園など緑も多く、人ごみに疲れることなくゆったりと散策ができるようになっている。

芹澤和美

最終更新:9/27(火) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。