ここから本文です

物語の『おおきなかぶ』はどんな品種?

NHKテキストビュー 9/27(火) 8:00配信

「うんとこしょ! あそれ どっこいしょ!」



ブタやニワトリまで動員して引っ張っても、びくともしない大きなカブ。だれもが知っているあのお話のカブは、いったいどんな品種なのでしょう?



* * *


■ハロウィーンのランタンにもなった『おおきなかぶ』のモデル!?


日本の絵本では白く巨大に描かれる『おおきなかぶ』。モデルは日本一大きな聖護院(しょうごいん)カブ? と思いきや、この話はロシアの民話。ロシアやヨーロッパの絵本では、黄色いカブに描かれています。



どうやらこのカブは、「ルタバガ」のようです。「ルタバガ」は、スウェーデンが原産とされる、アブラナ科の根菜(こんさい)。「スウェーデンカブ」とも呼ばれますが、厳密には、カブとは別種の植物です。ロシアや北欧などでは身近な野菜で、ハロウィーンで灯をともす「ジャック・オ・ランタン」は、もとは「ルタバガ」で作られていました。祭りの起源であるアイルランドからアメリカに伝わった後に、カボチャに変わったのです。



「『ルタバガ』は、日本にも古くからあるんですよ。宮城県気仙沼市の大島という離島では、『大島カブ』の名で、栽培されています」。と山形でイタリア料理店を営む傍ら、伝統野菜の種の保存に取り組む奥田政行(おくだ・まさゆき)さんに教えられて調べてみると、岩手県一関市でも、一度は途絶えたルタバガ栽培が復活し、「矢越(やごし)カブ」の名で作られていました。寒さに強く、貯蔵性も高い野菜なので、寒冷地の食糧として重宝されたのでしょう。



「戦時中には、米に『ルタバガ』を加えて炊くことで、少ない米を補った歴史があります。炊き上がった『ルタバガ』は、含まれたデンプンが糖に変わります。だから熱いうちにルタバガご飯をつぶすと、餅のような食感になるんです」



「ルタバガ」は、一般的には手に入りにくい食材ですが、タネが売られていて、栽培も容易です。初秋にまけば、冬には甘いルタバガご飯が食べられます。抜けないほど巨大には育ちませんが、「うんとこしょ! あそれ どっこいしょ!」の掛け声で収穫するのも、楽しそうです。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2016年9月号より

NHK出版

最終更新:9/27(火) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。