ここから本文です

宮城石巻でインドを満喫 スパイスチキンカレー教室

オーヴォ 9/28(水) 12:51配信

 ラーメンとともに日本人が大好きなカレー。多彩なトッピングなど独自の展開を遂げている日本カレーだが、たっぷりのスパイスがきいた本家・インドカレーも人気だ。宮城県石巻市雄勝町の複合体験施設「モリウミアス」では9月19日、「カレーから始める国際理解」をテーマにしたカレー教室(ハウス食品グループ協賛)が開かれた。地元の5~10歳の子どもたち16人が、インド出身のサニー・フランシスさんの指導で、本格的なインドカレー作りに初挑戦した。

 サニーさんは、カレーやインドの魅力をユーモアたっぷりに説明。カレーで使う珍しいスパイスも紹介した。参加した女の子はインドの民族衣装サリー、男の子はターバンを身に着ける貴重な体験もした。

 子どもたちが作ったインドカレーは、スパイスから作る本格的なチキンカレー。全員で力を合わせ、おいしいカレーに仕上げた。サニーさんからはインド料理の飲物「ラッシー」の作り方も教わった。カレーの食べ方もインドにならい手づかみ。最初戸惑っていた子どもたちもすぐなれ、巧みな手さばきできれいにカレーを平らげた。

最終更新:9/29(木) 14:08

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。