ここから本文です

子どもの「イヤイヤ期」を楽しんじゃおう! みんなの「イヤイヤ期ラブラブコンテスト」

オーヴォ 9/28(水) 14:45配信

 その渦中にいる時は、親は本当に大変。その時期とは2~3歳の頃にピークを迎えるいわゆる「イヤイヤ期」。何を言っても「あれもイヤ!これもイヤ!」。そのうち親の方まで「何がイヤなのかも、わかんなーい」と泣きたくなることも。実際、しんどくてポロポロ涙が出てしまうママもいるのでは!?過ぎてしまえば「本当に大変だったよ!」と笑い話にできるイヤイヤ期だけれど、その時には親子共にヒートアップしてしまうことも。そんなイヤイヤ期をちょっと楽しいものにしてしまおうという企画を、主婦の友社が実施した。

 その名も「イヤイヤ期ラブラブコンテスト」。「“イヤイヤ期”を少しでもラクに、笑顔で乗り切る!」をコンセプトに写真、動画を募集。TwitterとInstagramで、特定のハッシュタグをつけて投稿された約200件の画像、動画の中からグランプリ、準グランプリ、中間MVP賞を選出した。グランプリに選ばれたのは、玄関先に身を投げ出して泣いている男の子。出がけにスイッチが入らずこんな状態になること、あるある! 準グランプリに選ばれた写真の子は、帰宅してから30分以上もリュックを背負ったまま。汗をかきながら必死に「もっとお散歩したかった」という気持ちを主張している。ひまわり畑の前で泣いている小さな女の子は、もっと抱っこしていてほしかったのに、ひまわりと一緒に写真を撮るために降ろされてしまって大泣き!

 よその子のイヤイヤの表情や仕草はとてもほほえましくかわいらしいのだ。そう、我が子のイヤイヤの顔だって仕草だってとてもかわいいのだけれど、なかなか余裕を持って接することができなくなっているだけなんだよね。こんなふうにちょっと客観的に「イヤイヤの様子」を眺めていると、大変なのは自分だけじゃないんだな、みんな頑張っているんだな、と心が落ち着くかも。イヤイヤ期の子どもたちは激しいけれど、子どもたちもたくさんのイヤイヤをしながら、周りの人とのコミュニケーションを学んでいるのかもしれない。長いトンネルにいるように見えるイヤイヤ期も、過ぎてみればあっという間。たくさんの「イヤイヤ」の写真や動画を見て癒されて、また育児を頑張ろう!

▼イヤイヤ期の写真・動画はこちらで

Twitter「#イヤイヤ期コンテスト」

TwitterID @iyaiyaki_con

Instagram「#イヤイヤ期コンテスト」

InstagramID @iyaiyaki_con

最終更新:9/28(水) 14:45

オーヴォ