ここから本文です

扶養控除が廃止になったら… 働き方を変えようと考える既婚女性の対応は?

オーヴォ 9/28(水) 15:25配信

 「扶養控除の廃止」が検討されているが、それが実現した場合、既婚女性の働き方に変化が生じるかもしれない。ソフトブレーン・フィールド(東京)では、30代~40代の主婦を中心とする同社サービス登録会員のうち、「扶養控除の廃止」によって影響を受けると想定される働く既婚女性(年収200万円以内)590人(平均年齢47歳)を対象に調査を実施した。

 働く既婚女性で、よく話題となるのは、いわゆる「103万円の壁」や「130万円の壁」。これは、扶養控除や社会保険の適用範囲だが、この制度を理解しているのが35.3%、「なんとなく知っている」人は59.3%で、扶養控除を意識して働いている既婚女性が多いようだ。実際、年収がこれらの“壁”を上回らないように、103万円以内に収まるようにしている人が約6割、130万円以内に収めようとしている人が約1割いた。

 さて、そうなると、扶養控除の廃止は大きな問題になりそうな感じがするが、まず、これが検討されていることを知っていたという人は約9割で、関心が高いことがわかる。廃止された場合、収入を増やすために現在の働き方を変えるという人は約4割。この結果から、稼ぎたくても扶養控除を考え、セーブしている女性が多いといえそう。変えようとしている人に収入を増やすためにどうするか聞くと、収入の高い仕事に変えるが35.3%、働く時間を増やすが30.6%、副業、ダブルワークが24.6%、正社員などへ契約形態を変えるが6.5%となった。他方、廃止になっても働き方を変えない人の理由で、「時間に融通がきく」、「家事と両立できる」が目立つ。

 実に4割もの人が扶養控除廃止によって働き方を変えるとしており、その影響は、企業にとって大きくなるかもしれない。

最終更新:9/28(水) 15:25

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。