ここから本文です

白、紺、ピンク… 蓮舫代表ジャケットの色に見る心理状態

NEWS ポストセブン 9/28(水) 7:00配信

 経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、その週もっとも注目を浴びた著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は民進党代表に就任するも前途多難の幕開けとなった蓮舫氏を分析。

 * * *
 トレードマークの真っ白なスーツで代表選に登壇し、民進党の新しい顔となった蓮舫代表。新世代の民進党を担ってくれるとの衆望を一身に集めたものの、フタを開けたら、期待はずれの幹事長人事に批判が噴出。そんな蓮舫代表の心理状態を、着ていたジャケットの色から読み解いてみる。

 16日に行われた民進党両院議員総会、にこやかな笑顔で席についた蓮舫代表は、紺のジャケットに、白のインナーと白のパンツという服装だった。白に紺や黒を合わせるのは、蓮舫代表によく見られる組み合わせ。

 紺は落ち着きや知性的、冷静で信頼できるイメージを自然とアピールするから、仕事ができるイメージをもたれやすい。そのため、組織のトップや意思決定者が好んで取り入れる色。だけど、色のアピールが強すぎると、冷たさや理知的なイメージが強調されて、人間関係に距離を感じさせてしまう、という色でもある。

 使い方によっては、相手の不満や反感などのマイナス感情を、無意識のうちにアップさせてしまう可能性もあるから、ちょっと注意が必要な色。

 服装は、その人がこうなりたい、こんな風に見られたいというイメージや潜在意識を反映すると言われる。特に、ここ一番という時に選ぶ色には意味がある。男性が勝負時に、活動的で積極的なイメージが強い赤いネクタイを選ぶのは、よく聞く話だ。

 最近では、丸川珠代オリンピック担当大臣が、大臣就任会見で着用していた白のスーツに鮮やかな青のインナーの組み合わせ。都知事選で酷評した小池百合子東京都知事が初登庁時に着用した白と青そっくりの色合いに、小池都知事へ恭順の意を示したのでは、と言われたのは記憶に新しい。

1/4ページ

最終更新:9/28(水) 17:44

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。