ここから本文です

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWS ポストセブン 9/28(水) 16:00配信

 中村橋之助(51)と京都の芸妓・市さよとの不倫が発覚したが、時代は現代に移り変わっても、歌舞伎役者たちは艶聞に事欠かない。市川海老蔵(38)は、いまでこそ乳がんと闘う妻・小林麻央を献身的に支える夫のイメージが強いが、結婚前は米倉涼子に始まり、佐藤江梨子、高岡早紀ら名だたる美女との熱愛が報じられた。

 今年、藤原紀香と結婚した片岡愛之助(44)も故・つかこうへいの娘である愛原実花や熊切あさみとの交際で世を賑わした。

 2012年に57歳の若さで急逝した中村勘三郎は歌舞伎界きっての艶福家で知られ、若かりし日の故・太地喜和子から始まり、大竹しのぶ、宮沢りえ、椎名林檎、石川さゆりと亡くなるまで浮いた噂が消えることはなかった。

 一方でトラブルも少なくない。市川猿翁(76)は初恋の相手だった故・藤間紫のことが忘れられず、妻の浜木綿子と、まだわずか1歳だった息子・香川照之を置いて出奔する。この親子が雪解けするまでには45年の歳月を要した。

 故・坂東三津五郎は寿ひずるとの婚姻中に近藤サトと不倫が発覚。三津五郎は泥沼の離婚協議を経て近藤と再婚したものの、一門や家族の大反対にあいわずか1年7か月で離婚した。

 竹内結子と“デキちゃった婚”をした中村獅童(44)は結婚2年目に飲酒運転と信号無視で書類送検された。このとき、助手席に乗っていたのが元カノの女優・Aだった。この事件をきっかけに竹内と離婚した。

 前述した通り、華やかな女性遍歴を持つ勘三郎も唯一暗い影を落としたのが、宮沢りえとの関係だった。不倫疑惑が浮上した際、勘三郎は「不倫ではなく可倫だ」という迷言を残した。

 歌舞伎役者には“血を守る”という使命もあるためなのか、「隠し子」が存在した役者も多い。

 1997年、市川染五郎(43)は6歳年上の元女優との間に隠し子がいたことが発覚。2003年には海老蔵も隠し子の存在が明らかになる。大河ドラマ主演中だっただけに大騒動となった。また2011年には愛之助も京都のホステスとの間に男子をもうけていたことが報じられた。

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。