ここから本文です

野沢直子が絶頂期に国外脱出した真相をテレビ初告白

Smartザテレビジョン 9/28(水) 6:00配信

10月10日(月)夜7時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に、野沢直子が出演する。

【写真を見る】“自分が一番だ”と勘違いしている人々に向け、自らの“しくじり”体験談を暴露する

野沢は現在アメリカ人の夫と、娘2人息子1人と共にアメリカ・サンフランシスコに暮らし、海外を拠点に活動中。

芸能界デビューは'83年の20歳のときで、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンらが出演した伝説のコント番組「夢で逢えたら」('88~'91年、フジテレビ系)などで活躍していた。

しかし、番組出演中の'91年に、全てのレギュラー番組を捨てて国外へ“脱出”。当時は「海外で勝負できる芸人になって、1~2年で帰って来る」と話していた。

だが、野沢は今回の授業で、実はそれはウソだったと告白。日本に帰って来るつもりなど、毛頭なかったと打ち明ける。

その理由として「自分が一番面白い!」と勘違いした“井の中の蛙女”だったからだと話す野沢。年月がたった今だからこそ、ようやく話せるようになったという、真相を明かす。

そして、“自分が一番だ”と勘違いしている人々に向けて、自らの挫折から学んだ人生の教訓を伝授。“井の中の蛙が大海に出た時に自分を見失わないための授業”を展開していく。

最終更新:9/28(水) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。