ここから本文です

かわいすぎるバーテンダー・寺田ちひろ「氷をガシャン」

Smartザテレビジョン 9/28(水) 7:00配信

ことし4月からBS11(BSイレブン)で放送が始まった「関根勤 KADENの深い夜」(毎週木曜夜11:00-11:30)。“Bar11(イレブン)”を舞台に、オーナー役の関根勤と新人バーテンダー役の寺田ちひろが、家電メーカーの担当者と共に、さまざまな家電製品を紹介していく情報バラエティーだ。今回、バーテンダーとしてカウンターに立つ寺田にインタビューを行い、番組の見どころの他、自身の家電にまつわるエピソードを語ってもらった。

【写真を見る】バーテンダーのコスチュームにウキウキしていたという

――番組の出演が決まった時はどんなお気持ちでしたか?

関根さんとお仕事をご一緒できることがすごく楽しみでうれしかったです。私、勝手に関根さんにご縁を感じていて、本当に一方的なんですけど(笑)。関根さんが昔出ていた「王様のブランチ」(TBS系)に私はあとで出演していて、関根さんの娘さんの麻里さんと「ZIP!」(日本テレビ系)でお仕事をしていたんです。

しかもですね、麻里さんの娘さんと私の姉のめいっ子が同級生なんですよ!! すごくないですか!!「なんて共通点の多い!」って思っていて、その関根さんとついにお仕事ができると思ったら、楽しみで仕方がなかったです。今回が初共演です!

――そんな関根さんの第一印象はどうでしたか?

最初はとても緊張したんですけど、いざスタジオに入ってからは、「何て呼べばいい?」って聞いてくださって。1回目から「ちーちゃん、ちーちゃん」って呼んでくださるようになったんです。

カメラ回っていない時もすごく話し掛けてくださるんですよ。私よりも先に関根さんの方からコミュニケーションを取ってくださったので、とてもありがたかったですね。私はそこに乗っかって、楽しくお仕事させていただいてる感じですね。

――元々家電製品はお好きだったのでしょうか?

特別詳しいわけではないですが、やっぱり女子なので美容家電とかは興味がありました。顔にスチームを当てて保湿する「きれいなお姉さんは好きですか」みたいな(笑)。そういうのは持ってますね。

髪の毛のことを考えてドライヤーはイオンが出るのにしようかなとか、そういうことは考えていました。でも番組をやっていると、自分が元々興味あったジャンル以外の、全然知らなかった商品を持ってきてくださるので、こんなにも進化したいろいろな家電があったんだなと、毎回発見です。欲しい家電が増え過ぎて、困ってます(笑)。

――家電量販店は行くこともあるんですか?

行きます行きます! ポイントは大事ですからね。

――ちなみに最近購入した家電製品などありますか?

選んだチャンネルを丸ごと録画できるレコーダーを買いました。私が買ったのは、チャンネル6個くらい選択できるものなんですよ。でもついこの間、オーナーが収録の合間にもっと全部のチャンネルを録画できるのを買ったって言っていて、あぁ…一つ低いのを買っちゃったって(笑)。

――番組に出演していて大変なこと、難しいことってありますか?

オープニングでお酒を作るんですけど、私あんまり器用じゃないんですよ(笑)。最初はグラスのサイズ、直径に見合わない大き過ぎる氷を入れちゃって、氷がグラスの中で浮いちゃったりとか(笑)。氷をガシャンって飛ばしちゃったりとか、ついだ時にこぼれちゃったりとか…結構練習はしているんですけど、本番だと緊張してしまってドジも多かったです。

あと、ハイボールを作ることが一番多いのですが、ハイボールを作る時って、ウイスキーが1でソーダが3なんですね。でもいつもドボドボって豪快に入れちゃって…気を付けます(笑)。

――最初、新人バーテンダー役と聞いた時はいかが思いましたか?

「バーテンダーの格好できるんだ! うれしい!」って思いました(笑)。最初はお酒を作るって決まっていなかったんですよ。なのでコスプレじゃないですけど、こういうお洋服を着られるんだということでウキウキしていたんです。この指先も大事ということが分かって。うまくなりましたよね?

だんだん慣れてはきたんですけど、もっとスマートに格好良く、バーテンダーらしくやれるようになりたいです。お酒がおいしく見えてほしいですしね!! ずっと課題です。

――バーテンダーさんの役ということで指先、ネイルにも気を使われていたりもしますか?

薄いピンクにして、肌なじみがいいきれいなネイルにしようと思っています。お酒を持ってつぐ時の手の寄りも映りますし、ネイルがきれいな方が商品もきれいに映るんじゃないかなと思って。

グラスに手を添えるという動きもあるので、指先も大事かなと意識しています。普段はあまりネイルはしないので、現場に来てから塗っているんですよ。なので本番が一番きれいな状態です(笑)。

――番組の出演が決まってお友達とか周りの方の反応って何かありましたか?

それが、出演することを全然伝えていなかった地元の友達がある日ラインをくれて、「『KADENの深い夜』見てるよ」って言ってくれたんです。

それで「お酒を作っているところがすごくすてき!」って褒めてくれたんですよ(笑)。すっごくうれしかったです。やっぱりBSイレブンなので、全国の皆さんが見られるじゃないですか、それがとてもありがたくて。地元の両親も見てくれていますし、祖父母も見てくれています(笑)。「みんな見てね!」って思ってます(笑)。

――今後、寺田さんがやってみたいこと、将来の目標みたいなものはありますか?

目標…難しいなぁ…何ですかね私の目標(スタッフに視線を向ける)。すごく悩むんですよ、本当に悩んでいて、ここ何年も。何ができそうに見えますか?(記者に逆質問)

ニュースっぽいですか? そうですか! バラエティー? そこは関根さんに鍛えてもらっています(笑)。ニュースを読めるのはもちろんなんですけど、芸人さんやタレントさんと絡んだ時もやりとりできて、回したりできるような感じになりたいですね。

――“関根チルドレン”として?

あーうれしい! いいですかね? 聞いておきますオーナーに! 名乗っていいですかと。ダメって言われちゃうかな(笑)。

――では最後に番組の見どころをお願いします。

番組をご覧いただいている皆さんも今まで知らなかったような、出会えていなかったような家電が登場すると思うんですよ。

それだけでまず面白いですし、メーカーさんしか知らないような家電の深い話を聞けるのってこの番組くらいかなって思うんです。

売り場に行ったとしても、聞けないくらいの、それを超えちゃうくらいの、プロの方が話してくださる深い話が聞けるので、家電自体に興味が持てると思いますし…あっ、ちなみに私の両親も家電に詳しくないんですけど、「30分だし、すごく見やすい!」って言ってました(笑)。

情報が凝縮されていて見やすいと思いますので、木曜の夜はゆったりとした気持ちで番組を楽しんでいただけたらなと思います。そして、家電のことも番組のことも好きになってもらえたらうれしいです。あと、オーナーと私のオープニングのあのゆるいやりとりも見どころです(笑)。

最終更新:9/28(水) 7:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ