ここから本文です

インパクト大「マトリョーシカ猫」カレンダーで来年が楽しみに

東京ウォーカー 9/28(水) 7:00配信

「ネコノミクス」なんて言葉も生まれた空前の猫ブームの中、マトリョーシカな猫カレンダーなる不思議なものが誕生している。

【写真を見る】サプライズ感が楽しめるプレゼントとしても、役立つことうけあいだ



ご存じのとおり「マトリョーシカ」とは、入れ子状態で人形の中に人形、さらにその中にも人形が入っているのが特徴のロシアの民芸品。

このカレンダーも、外側の猫BOXを開けると、ひと回り小さい猫BOXが入っており、その中にもさらに小さい猫BOX……というサプライズ仕掛け。入れ子状態でセットされている猫は、全部で4匹。

大きな猫から順に、5カ月、4カ月、2カ月、1カ月分のカレンダーになっており、すべて並べると合計12カ月間のカレンダーに。最後のミニミニ猫カレンダーの中からは、魚の形をした付せんが「こんにちは」するというオチつき(笑)。



小さな猫を取り出すたびにまるで、何かと箱に入りたがる猫を「こらー」とズリズリ引きずり出すかのような感覚も楽しめるかも? 四角い割にはずいぶんリアル……と感じた人は、大当たり。本物のネコを撮影したデータが素材になっているそう。来年のカレンダーで可愛いものを検討しているなら、マトリョーシカな猫ファミリーを迎えてみるのはいかが? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/28(水) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。