ここから本文です

“NYの朝食の女王” 「サラベス」で期間限定フレンチトーストを

東京ウォーカー 9/28(水) 7:30配信

秋の収穫祭“ハロウィーン”と言えば、「かぼちゃ」。そのかぼちゃをたっぷりと使った期間限定フレンチトーストが、朝食メニューが人気のレストランで販売を開始する。おいしい秋の味覚をリッチな気分で食べてみない?

【写真を見る】Sarabeth's東京店 おしゃれな内観

“ニューヨークの朝食の女王”と称賛される「Sarabeth's(サラベス)」は1981年にニューヨークにオープンしたレストランで、家族秘伝のレシピから作るジャムやフレンチトースト、エッグベネディクトなどのアメリカの伝統的な「ヘルシー&リッチな朝食メニュー」が人気だ。日本国内では4店舗(新宿/品川/東京/大阪)出店しており、2016年10月1日から31日(※大阪店のみ10月5日から)の期間限定で「パンプキンフレンチトースト 1380円(税込)」の販売が開始する。

サラベスの看板メニューの「フラッフィーフレンチトースト」をハロウィン風にアレンジ。パンプキンフレンチトーストでは、フレンチトーストに最適な特製ハッラーブレッドに、パンプキンクリームをはさみこみ、かぼちゃのピュレとスパイスを贅沢に使っている。さらに、香り高いバニラキャラメルソースとホイップクリームが添えれられ、パンプキンプディングのような食感も楽しめる。

ふっくらと焼き上げたフレンチトーストで、おなかも心も満たしてみてはいかが? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/28(水) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。