ここから本文です

元祖・簡単作りおき!秋こそ「手作りなめたけ」レシピ

東京ウォーカー 9/28(水) 16:45配信

新米がおいしくなる季節。ご飯の友として人気の「なめたけ」は、意外と簡単に作れます。しかも、保存容器に入れて冷蔵庫で約1週間保存が可能なのも嬉しいところ。作ってしまえば白いご飯はもちろん、お茶漬けやパスタ、冷やっこの具などいろいろ使えて便利です。

えのきたけはなるべく白色が美しく、しっかりとしてかたそうなものを

【手作りなめたけ】(全量で232kcal、塩分10.4g)

<材料>えのきたけ大2袋(約400g)、酒、みりん、しょうゆ

<下ごしらえ>えのきたけは根元を切り落として長さを3等分に切り、根元に近い部分は粗くほぐす。

<作り方>

(1)鍋にえのきたけを入れて酒大さじ4をふり入れ、ふたをして強めの中火にかける。約1分蒸し煮にして木べらで混ぜ、さらに2~3分蒸し煮にする。

(2)えのきたけがふっくらとしてつやととろみが出たら、みりん、しょうゆ各大さじ4を加える。

(3)強火にし、全体に煮立って細かい泡が立ったら、木べらで手早くかき混ぜながら煮詰める。

(4)鍋底の汁けがほとんどなくなり、照りのある茶色になったらでき上がり。粗熱がとれるまでおいて保存容器に入れ、冷蔵庫で約1週間保存できる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/28(水) 16:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。