ここから本文です

ゆるグダ具合がたまらん「ウォンバットさんたち」のハロウィンカフェ

東京ウォーカー 9/28(水) 20:00配信

コアラみたいな大きな鼻で、地味~なもっさりボディの「ウォンバット」はオセアニアの草原で暮らす生き物。でも「ウォンバットさんたち」は、ダイエットに失敗したり、ひきこもったり、オタクライフを楽しんでいたりと、思いっきり都会仕様でダメダメなキャラクターだ。ゆるゆるでグダグダだけど、そんなナンセンス系の魅力にあふれたウォンバットさんたちは、意外にも忙しい毎日に疲れた現代女性たちの癒しとして役立っているようだ。

【写真を見る】衝撃度の高い「フェアリーさんのブルーな気持ちになるカレー」



ゆるい生態ながらもあちこちに引っ張りだこな「ウォンバットさんたち」は、LINEスタンプやゆる雑貨で人気のキャラクター。ハロウィンもバッチリ活躍の場が用意され、コンテンツカフェ『KIT BOX -KOTOBUKIYA CAFE&DINER-』ではハロウィンをテーマにした『ウォンバットさんたちハロウィンカフェ』が開催される。カフェでは各キャラクターにちなんだメニューが提供され、中でもすごいのは、ルーの色が水色という衝撃の「ブルーな気持ちになるカレー」や、頭に矢がささっている「キウイさんの落ち武者ジュース」。可愛いかぼちゃやゴーストなど、分かりやすいハロウィンとは一線を画す、ウォンバットさんたち風味のハロウィンである。



隣接した物販店舗『コトブキヤ立川本店』ではウォンバットさんたちオフィシャルショップである『さんたちのお店』の売場も拡張し、関連商品の販売も合わせて展開。ハロウィン気分を味わいながらゆるっと笑いたい人は、カフェに足を運んでみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/28(水) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。