ここから本文です

都議会開幕 新旧ドンを連続直撃

週刊文春 9/28(水) 16:01配信

 9月28日に開会した東京都議会定例会。小池百合子東京都知事(64)への対応が注目される都議会自民党のトップを、週刊文春が連続直撃した。

 10年以上にわたり、自民党東京都連幹事長を務め、“都議会のドン”と言われる内田茂都議(77)は、小誌記者にこう語った。

――小池さんが、「私の政策は都民ファーストだから、都議会も反対できない」と言っていた。

「はっはっは。一切、(私は)やってないからさ」

――議会前に小池氏ばかりが喋っていますが。

「いやー、やっぱり是々非々でやる以外にない」

――二元代表制だから? 

「そうそう」

 内田氏の側近で、先日、後継の幹事長に就いた高島直樹都議(66)は次のように語る。

――築地の移転について。

「地下空間については、議会にも報告がなかった。過去の検証をして、当然、頭を下げるべきところがあれば下げ、都民に理解をえられる努力をすることです」

――移転中止もあり得る? 

「いや、それは……これからの課題ですからね。今の築地は既存不適格ですから、衛生上の問題、狭隘という課題もあります。築地ブランドは重要だと思いますけど、100%豊洲にいかないよ、という決断を知事がなさるのか、議会がどう考えるのかはちょっと性急には」

――都議会自民党はチェック機能を果たしていなかったのでは。

「否定はできないと思います。残念なことに、当時、民主党さんが第一党の時だった。私自身も落選中でした。特別委員会の資料や議事録を見ましたが、(空洞が記載された)断面図も何もなかった。知らなかったから責任はない、とは一切言うつもりはない。ただ、言い訳ではなくて、情報は性善説で共有化するものだと思っていました。共有化されなければなす術もないし、忸怩たる思いです」

 豊洲移転や東京五輪を巡り、さまざまな問題が噴出した東京都。都議会がチェック機能を果たしてきたのかも、今後検証されることになりそうだ。

 週刊文春9月29日発売号では、新旧ドンだけでなく、石原慎太郎元都知事、浜渦武生元副知事の豊洲移転問題の責任について、詳報している。


<週刊文春2016年10月6日号『スクープ速報』より>

「週刊文春」編集部

最終更新:9/28(水) 16:06

週刊文春

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊文春

文藝春秋

12月8日号
12月1日発売

定価400円(税込)

~『ユニクロ帝国の光と影』
ジャーナリスト横田増生の渾身ルポ~
<ユニクロ潜入一年>

【緊急特集】医療・健康の「常識」「非常識」 ほか

なぜ今? 首相主導の働き方改革