ここから本文です

テロリストに情報をリークしたハッカーに懲役20年

WIRED.jp 9/28(水) 7:31配信

ヴァージニア州連邦裁判所は9月23日(米国時間)、コソヴォのハッカーグループ「Kosovo Hacker’s Security」の一員に懲役20年の刑を言いわたした。テロを実行しようとしたハッカーを米国が訴追するのは、これが初めてだ。

【過去にはこんな事例も】ブログで「ISを支援した」米国の高校生に禁錮11年

「Th3Dir3ctorY」というハンドル名のコソヴォ国籍のアルディット・フェリジ被告(20歳)は、2015年にマレーシアで逮捕された。その後、ある米国企業のコンピューターに侵入して米軍兵士に関するデータを盗み、そのデータをテロリスト集団IS(Islamic State)に渡した容疑で有罪を認めていた。

ジョン・カーリン米司法次官補は次のように述べている。「テロとハッキングが結びついたこの事件は、国家安全保障に対する真に危険なサイバー攻撃の脅威を目の当たりにすることになった初めての例だ。法執行機関の関係者だけでなく、民間企業の関係者にも警鐘を鳴らした」

フェリジ被告は2016年8月、米軍による空爆で殺害されたISの英国人ハッカー、ジュナイド・フセイン容疑者にデータを渡したと認めている(PDFファイル)。

フセイン容疑者は死亡する数日前に、「ニュース:ISのハッキング部門が、米軍と米国政府をハッキング!」とツイートしていた。このツイートには、「米軍兵士と米政府職員およそ1,51人の氏名、メールアドレス、メールパスワード、住所、電話番号へのハイパーリンクが含まれていた」と米政府は述べている。

連邦検察によると、リンク先の文書には、「われわれは、お前たちのメールやコンピューターシステムに侵入し、すべての動きを観察・記録している。名前や住所も把握している。また、メールやソーシャルメディアのアカウントに侵入し、極秘データを入手して、お前たちの個人情報をカリフ(預言者ムハンマドの後継者)の兵士たちに渡す。アラーの神の許しを得たカリフの兵士たちが、すぐに、自国にいるお前たちの首を狙って攻撃を仕掛けるだろう!」という文も含まれていたという。

ただし、リストに掲載されている人物のなかで、このハッキングが原因で攻撃された者はいないとみられている。

DAVID KRAVETS

最終更新:9/28(水) 7:31

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。