ここから本文です

スモーキーカラーのアイシャドウを使うと、なんだか老けて見える気が。どう使えばいいの? [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 9/28(水) 18:00配信

講師はヘアメイクアップアーティストの室岡洋希さん。モードで女性らしいメイクが得意な室岡さんが、初心者でも簡単に実践できるテクニックを伝授してくれました。

Q:スモーキーカラーでクールにおしゃれを楽しみたい! でも、顔全体が老けて見える気がする…。塗り方が悪いの?

A:無理にグラデをつくらない! シャープに入れれば、スタイリッシュでかっこいいスモーキーアイに。

スモーキーカラーを使いたい=エッジィでクールな印象のメイクをしたいということ。 それなのに普段のメイクと同じアイシャドウの入れ方をしていたら、老けて見えるのは当然です。

スモーキーカラーの良さを活かした入れ方で簡単なのは、ライン状にスッと入れ、切れ長な印象に仕上げるやり方。 細く、控えめに入れてあげるのがポイントです。

もう少し上級テクに挑戦するなら、目尻部分を濃く、強調して見せる方法もあります。

通常通りアイホールにグラデーションをつくってあげるのではなく、目幅をだすために目尻の下の部分だけに濃い色を重ねてあげてください。

通常の塗りかたでは目のくぼみ部分が悪目立ちしたり、目元が暗く見えたりするので 横長な目元をイメージして大胆に色をのせてあげて。

そうすることでスタイリッシュな印象が前面にでてきて、かっこいい印象になれるはず。 決して難しいテクニックではないので、ぜひ挑戦を!

最終更新:9/28(水) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。