ここから本文です

ソーシャルは「会社のたばこ部屋」? 飛躍的に成長する企業の「情報」の生かし方

NIKKEI STYLE 9/28(水) 16:10配信

取り込んだ情報の活用 実験と検証を繰り返す

 指数関数的に成長する飛躍型企業は外部環境からふんだんな情報を取り込むのが特徴ですが、せっかくの情報もうまく料理しなければ価値がありません。この料理法が飛躍型企業の内部の仕掛けで、I-D-E-A-Sの5つに要約されます

 まず大量の情報を外部から取り込む入り口で、自社の野心的目標などに照らしてふさわしい情報が入ってくるようフィルターをかけます。これがインターフェース(I)です。グーグルのアドワーズとアップルのアップストアが典型例です。

 取り込まれた情報を、組織内の誰もがわかりやすい形で表示する仕掛けがダッシュボード(D)です。自分たちのビジネスが市場でどのように評価されているかを的確なKPI(重要業績評価指標)で要約し、リアルタイムでダッシュボードという鏡に映し出します。

 同時にイノベーションを目的として、実験と検証を繰り返すのが、飛躍型企業の基本的な作法です。これをエクスペリメント(E)と呼びます。そこでは、早く失敗し学習速度を上げるリーンスタートアップの手法を取り入れています。

 飛躍型企業のコア部分は自律型組織=オートノミー(A)です。自らを組織する力があり多様なバックグラウンドをもつ人々が集まる、一定の権限を委譲された小規模で独立したチームの集合と定義されます。

 外部からの情報流(ストリーム)に対応して、内部での情報流の鮮度を保つことにも留意します。それを実現するのがソーシャル技術(S)です。情報を探すのではなく、情報が流れてくる状態をつくりだすことで、旬のアイデアを生み出しやすくすることを狙っています。

 前回書いた外部情報を取り込むSCALEは外に対して拡散的なアンテナを張る右脳で、今回の内部の仕掛けのIDEASは内に向けて収束させる左脳です。両脳が補完し合い、野心的な目標を達成するのが飛躍型企業の流儀に他なりません。

■ケーススタディー 飛躍型企業の「IDEAS」活用法

 飛躍型企業( Exponential Organizations )にとっての内部要素たるIDEASを活用した事例として、前回に続いてギットハブを取り上げます。


○I(インターフェース)

 前回触れたアルゴリズムは同時に外部とのインターフェースになっています。それは、ギットハブが活用する外部要素(コミュニティーとクラウド)が生み出すアウトプットや、外部要素を内部の仕事に引き込みエンゲージ(熱中)させる仕組み(例えばゲーミフィケーションのプログラム)を統合する役割を果たしています。


○D(ダッシュボード)

 ギットハブは、プラットフォームに関する多くのKPI(重要業績評価指標)をモニタリングしており、情報は洗練されたダッシュボードを通じて社内で共有されています。

 ダッシュボードを作る力とは、自社が注視すべき重要な情報・分析を見分けて選び出す力であり、デジタル時代のリーダーに求められる重要な要素です。 i)どの項目(パラメーター)をダッシュボードで取り上げるか、 ii)ある項目(たとえばリスク関連)でどの数値を超えたら危険信号を自動的に発するか、といったことを設定することは、会社経営の基本軸を定めることです。


○E(実験)

 ギットハブには特有の文化があります。その特徴は、分権性、クイックレスポンス、透明性、自発性などです。この文化が、新しいアイデアをオープンな形で共有化しては検証する、すなわち「実験」を奨励するということに現れます。ギットハブは、社内用にもオープンで使いやすいプラットフォームを設けて、効果的なコミュニケーションを行うように努めています。従業員はどのプロジェクトに参加してもよいため、社内の誰でも関連資料やトレーニング用の資料にアクセスできます。これは、新メンバーがチームに参加した初日から高い生産性を発揮できる確率を高めます。そうすることで、人材がプロジェクト間を移動する壁を低くしています。多くのプロジェクトはある意味で実験ですから、プロジェクト間の移動のしやすさは実験から実験への移動のしやすさに通じます。


○A(自律型組織)

 ギットハブでは、チームへの分権化が徹底されています。プロジェクトを執行するチームは自発的に生まれ、参加者は自分たちでチームの方向性を決めることができます。さらに従業員の誰もが、自分のチーム以外に貢献したりアドバイスしたりすることが奨励されています。ギットハブ内でこの仕組みは「オープン配属」と呼ばれていて、従業員は自分が個人的に関心をもっているテーマや充実感を得られるテーマに取り組めます。採用過程でも、情熱、目的意識、潜在力をもち、自発的に行動できる人物の採用に主眼を置いています。


○S(ソーシャル技術)

 ソーシャル技術はデジタル時代における“たばこ部屋機能”を果たすといわれます。

 ギットハブはオープンソースのプログラム開発とコラボレーションのためのツールやプラットフォームを提供する企業ですから、ソーシャルな要素と技術はギットハブのプラットフォームと企業文化に深く根付いています。

 同社の事実上のオフィスとなっているのがソーシャル技術を生かしたチャットルームです。チャットルームでは上下分け隔てなくオフィスの会話のようなコミュニケーションが図られています。この会話する文化は、チームの士気と生産性を高めています。また管理職も、堅苦しくないわかりやすいコミュニケーションを最優先にして、会話文化を推進しています。チームメンバーは、対面、電話、オンラインのビデオ会議システムを使って、戦略についても会話します。

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 18:34

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。