ここから本文です

イングランド代表に激震! アラダイス監督が就任67日で契約解除 サウスゲイト氏が暫定的に4試合を指揮へ

Football ZONE web 9/28(水) 6:22配信

FAが発表 スキャンダル発覚の“ビッグ・サム”がわずか1試合の指揮で失脚

 イングランドサッカー協会(FA)は、英メディアによるおとり取材でスキャンダルが発覚していたサム・アラダイス監督が、双方合意の下で契約解除に至ったと正式に発表した。“ビッグ・サム”の愛称で知られる61歳の老将は就任からわずか67日、たった1試合の指揮で代表監督の座を下りることになった。予定されている今後4試合は、U-21イングランド代表のギャレス・サウスゲイト監督が暫定的に指揮を執ることになった。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 イングランドに激震が走った。アラダイス監督は英紙「テレグラフ」が行ったおとり取材にひっかかり、FIFAなどの禁止している「第三者による選手の保有」という規定を回避する指南役として40万ポンド(約5400万円)の契約を結んだことが発覚していた。

 すぐさま調査に動いたFAは「アラダイスの行為はイングランド代表監督としてふさわしくない」と結論づけて、双方合意の上で契約解除とすることが発表された。

 今年7月、欧州選手権でベスト16敗退後に辞任したロイ・ホジソン前監督の後任として抜擢されたアラダイス監督だったが、わずか67日間という短い在任期間で監督の座を退任。今月4日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のスロバキア戦(1-0)が最初で最後のゲームとなった。

FAはすぐさま新監督の選定に着手へ

 アラダイス監督はFA公式サイトで声明を発表。「7月に監督に任命されたことは大変光栄なことだったが、このような結果となり非常に残念だ」と胸中を明かした。

 現時点で予定されているマルタ戦、スロベニア戦、スコットランド戦、スペイン戦の4試合は、U-21代表のサウスゲイト監督が暫定的に指揮を執ることになった。FAはすぐさま新監督の選定に着手することも発表している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/28(水) 6:22

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。