ここから本文です

フィットネストラッカーはダイエットに逆効果、という研究結果

WIRED.jp 9/28(水) 11:10配信

わたしたちにもっと健康的かつ生産的な生活をするよう促してくれるはずのフィットネストラッカー。しかし悲しいことに、フィットネストラッカーを身に着けても体重を減らす助けにはならないということが、2年にわたる研究によってわかった。肥満の人が腕に装着するタイプのフィットネストラッカーをつけてダイエットを行ったところ、ハイテク機器を使わない昔ながらのダイエットを行った人よりも効果が落ちてしまったというのだ。

【こんなダイエット法は?脳をだましてコントロールする「ARダイエット」】

『米国医師会雑誌(JAMA)』(9月20日)に発表された研究結果は、「フィットネストラッカーは減量を助ける」といういままでの研究結果と相反している。だが既存の研究は、今回の研究に比べてもっと小規模で短期間のものだった。

「いま効果が上がっている方法にテクノロジーを投入すればさらに効果が上がる、と単純に考えるには少し慎重になったほうがいいでしょう」と、今回の研究を率いたピッツバーグ大学教授のジョン・ジャキシクは、JAMAのインタヴューに答えた。

ジャキシク教授らは、まず効果のある行動介入からこの研究を始めた。

最初に、彼らは研究対象として痩せたいと思っている肥満体の若い成人471人(18歳~35歳、平均体重約95kg)を選抜した。被験者たちは最初の6カ月間、低カロリーの食事を摂取して決められたフィットネスプランをこなし、ダイエット日記に進捗状況を記録し、毎週グループカウンセリングに参加した。6カ月後、全員が平均して約7.7kg~8.6kgの減量に成功した。

次に、被験者はふたつのグループに分けられた。一方のグループはフィットネストラッカーを18カ月装着し、もう一方のグループは、ウェブサイトに活動の記録を残すという一般的なダイエットを行った。

24カ月経つまでに、グループにかかわらず被験者の多くが最初の6カ月で減らした体重から増量していた。最終的に、一般的な方法でダイエットをしたグループは、研究開始時と比べて平均5.9kgの減量に成功したが、フィットネストラッカーを使った方のグループは、平均3.6kgしか減量できなかった。

この結果は研究者たちを驚かせたが、フィットネストラッカーがなぜ被験者の減量の妨げになるのかについて、はっきりとしたことはデータからはわからなかった。

フィットネストラッカーをつけると、体を動かすようにはなるが、お腹がすくので食べすぎてしまうのだろうか。あるいは、毎日フィットネスの記録が自動的に行われる状態であった結果、毎日目標を達成するのは大変だと感じて、早々に諦めてしまったのかもしれない。

ジャキシク教授は、今後の研究でそうした要因を明確にし、各種のフィットネストラッカーの有効性を調べたいと考えているという。「さらに重要なのは、こうした機器を、いつ誰に用いるのが非常に効果的なのか、それを理解することでしょう」。つまり、あるタイプの人には有効だが、別のタイプの人には逆効果である可能性があるのだ。

BETH MOLE

最終更新:9/28(水) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。