ここから本文です

巨人・鈴木尚広、通算盗塁成功率歴代トップに。規定打席未達、代走最多盗塁男が打ち立てた新たな偉業

ベースボールチャンネル 9/28(水) 11:00配信

足のスペシャリストの大記録

 27日、東京ドームで行われた対中日24回戦で、読売ジャイアンツの鈴木尚広外野手(38)が、今季10個目となる盗塁を記録した。この盗塁で同外野手の盗塁成功率は、82.91%(228盗塁、47失敗)となり、広瀬叔功(元南海)の82.89%を上回り、盗塁成功率で歴代トップに立った。

 プロ20年目を迎えた鈴木だが、今季も自慢の快足は健在だ。
 今シーズンもこの日の試合前まで9盗塁、失敗は0だった。この日は同点で迎えた9回裏に先頭打者のクルーズがヒットで出塁するとその代走として登場、1死後カウント2-2の場面からスタートし、見事盗塁を成功させた(打者堂上は三振)。次打者の長野が空振り三振に倒れたため、得点にこそ繋がらなかったものの、今季10個目の盗塁もまた重要な場面でのものだった。

 盗塁王のタイトルが数によって決まるように盗塁の成功率が話題に上ることは決して多くない。しかし統計学上、盗塁は非常にリスクの大きいものだということが明かされている。

 例えばリッキー・ヘンダーソンは、82年にメジャー最多のシーズン130盗塁を記録したが、失敗も42で最多(成功率75.58%)。統計学上はもし盗塁試行が0でも価値は変わらなかったと言われるほどだ。それだけに盗塁成功率の持つ意味は大きい。

鈴木だけが、ほぼ代走で稼ぐ

 以下は通算盗塁成功率トップ10のランキング(200盗塁以上・戦後の選手に限る データは『Baseball Reference』を参照している。

1.鈴木尚広(巨人) 盗塁数228 盗塁失敗47 盗塁成功率82.91%
2.広瀬叔功(元南海) 盗塁数596 盗塁失敗123 盗塁成功率82.89%
3.松井稼頭央(楽天) 盗塁数362 盗塁失敗79 盗塁成功率82.09%
4.赤星憲広(元阪神) 盗塁数381 盗塁失敗88 盗塁成功率81.24%
5.木塚忠助(元南海) 盗塁数479 盗塁失敗114 盗塁成功率80.78%
6.河西俊雄(元南海) 盗塁数233 盗塁失敗61 盗塁成功率79.25%
7.福地寿樹(元ヤクルト) 盗塁数251 盗塁失敗70 盗塁成功率78.19%
8.福本豊(元阪急) 盗塁数1065 盗塁失敗299 盗塁成功率78.08%
9.山崎隆造(元広島) 盗塁数228 盗塁失敗65 盗塁成功率77.82%
10.糸井嘉男(オリックス) 盗塁数245 盗塁失敗71 盗塁成功率77.53%

 2位の広瀬は殿堂入りの名外野手。1968年には44盗塁を記録しながらも、わずかに失敗2。シーズン盗塁成功率の日本記録を持っている。盗塁数にこだわらず重要な場面でしか走らなかったことでも知られている。5位の木塚、6位の河西も南海の出身者。河西は盗塁王3度の名手だが、阪神で江夏豊や掛布雅之ら、近鉄で野茂英雄らを担当したスカウトとしても有名。

 3位の松井は362個中306個が西武時代に記録したもの。2001年には失敗なしの26盗塁。楽天移籍後は6年間で56盗塁と数こそ減ったものの、盗塁成功率は86.15%と非常に高い数字を残している。自身初の盗塁王が確定的なオリックスの糸井嘉男は今季200盗塁の大台に到達し、10位にランクイン。今季は自己最多の53盗塁を記録しているものの失敗も17あり、今季の成功率は自己通算を下回っている。

 特筆すべきはランキング上位10人のうち、鈴木のみが盗塁数の大半を代走として記録していることだ。一度も規定打席に到達せずに200盗塁以上を記録したのは、プロ野球史上で鈴木ただ1人。打席数が300を超えた年すらなく、自己最高でも08年の270打席となっている(この年ゴールデングラブを受賞)。2014年には代走として106個目の盗塁に成功、元近鉄・藤瀬史朗の記録を抜いてプロ野球トップに立った。

 代走としての起用が主の鈴木が盗塁を決める場面は、試合終盤の勝負どころがほとんど。そうしたプレッシャーのかかる場面で、これだけ高い成功率を記録している鈴木の技術の高さと精神力の強さは驚異的というほかない。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/28(水) 11:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。