ここから本文です

食品添加物、人間での安全性試験をしていない?動物試験のみ、有害作用情報の収集をせず

Business Journal 9/28(水) 6:00配信

 医薬品の場合には動物で試験を行なった後、医師の立会いのもとで人による試験を行います。いわゆる臨床試験です。この試験で本当に人の病気に効くのか(有効性の確認)、安全性はどうなのか(悪い作用、副作用)が調べられます。医薬品の場合、動物試験はあくまでも人に対する試験の前段階にすぎません。

 動物での試験結果をそのまま人に当てはめることができないので、多くの費用と時間をかけて人での試験(臨床試験)を行っています。

 医薬品は病気を治療するために必要です。

 しかし、食品添加物は本当に必要でしょうか。

 食品添加物は多量に食品に含まれています。合成着色料、合成乳化剤、加工デンプン(合成デンプン)、イーストフードなどのように、使用量の制限がないものあります。

 私たちはこれらの添加物を幼児から高齢者になるまで何十年も摂取するのです。添加物は医薬品のように病気を治すというような大きなメリットはないのですから、医薬品以上に人に対する安全性の証明をすべきです。せめて医薬品並みの証明をすべきです。

●行われるべき添加物の安全性試験

 要点を簡単にまとめてみましょう。

【医薬品】

(1)動物での試験…安全性、有効性の検討。
(2)人間での試験(医師立会い)…安全性、有効性、副作用の検討。
(3)発売後も副作用(悪い作用)情報を集めて医師、薬剤師などに知らせている。
(4)病気を治すために、ぜひ必要。がんを根本的に治す薬、難病を治す薬、耐性菌感染症を治す薬など、さらに優れた薬が研究されて世に出されることが望まれます。

【食品添加物】

(1)動物での試験…安全性の検討。
(2)人間での安全性試験は行なわれていない。
(3)発売後に有害作用(副作用)の情報を集めていない。
(4)消費者に必ずしも必要ではない。たとえば、合成保存料がなくても冷蔵、冷凍、脱酸素剤、水分活性の調節、レトルトなどで対応できます。食品を今以上に美しくするために新しい合成着色料がどんどんこの世に登場し、色々な食品に混ぜ込まれることは望ましいことでしょうか。

 私は、次のような試験を行うことを提案します。

(1)添加物を人間に経口投与する。
(2)血中濃度を調べる。
(3)詳しい血液検査を行なう。
(4)心電図、脳波、CTなど解剖を伴わない検査を行なう。
(5)がん発生の有無。
(6)精神状態の異常の有無。
(7)神経系に対する異常の有無。

 その添加物と共に使用されることが予想されるさまざまな添加物を混ぜたもの、この混ぜたものを加熱したものなどについても、試験することが必要です。また、最低でも2~3年間は行うべきです。途中で少しでも異常が見つかれば、中止するのは当然です。

 この程度のことでしたら、すぐに実施できると思います。本来、こうした試験は乳幼児から投与を始め、その人が死ぬまで行うべきです。厳密には最後に解剖して、臓器を調べる必要がありますが、そこまでは無理かもしれません。

 この試験は公平な専門家の関与の下に実施し、そして得られたデータは「厳しい第三者の検証」が必要です。
(文=小薮浩二郎/食品メーカー顧問)

文=小薮浩二郎/食品メーカー顧問

最終更新:9/28(水) 6:00

Business Journal