ここから本文です

レスターの新加入FW“ドラゴン・スレイヤー”がポルト撃破弾! CL2連勝も岡崎はまたも出番なし

Football ZONE web 9/28(水) 6:53配信

“35億円FW”スリマニのヘッド弾で1-0と勝利

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、現地時間27日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節でFCポルトと対戦。前半に挙げた新加入FWスリマニのゴールにより1-0で勝利。本拠地キングパワースタジアムでCL初勝利を挙げ、2連勝を飾った。岡崎はベンチ入りしたが、出番はなかった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 レスターは負傷から守護神GKシュマイケルが復帰。CL初挑戦の岡崎はベンチスタートとなり、ヴァーディと新加入FWスリマニが2トップで先発した。

 ポルトに主導権を握られ、チャンスはロングスローやFKのセットプレーが多かったレスターだが、前半25分に流れのなかで掴んだ最初のチャンスをものにした。大きなサイドチェンジから右サイドでボールを持ったMFマフレズが得意の左足で正確なクロスを供給すると、これをスリマニがダイビングヘッドで合わせて豪快にネットを揺らした。

 レスター史上最高額の移籍金3000万ユーロ(約35億円)で加入したスリマニは、前所属のスポルティングCP時代に本拠地スタジアムの異名から“ドラゴンズ”の愛称で知られるポルトを相手に、通算6得点を決めていた。2016年だけでも3試合で5得点と抜群の相性を誇り、「ドラゴン・スレイヤー(殺し屋)」の異名をとっていた。相性の良さは継続し、マフレズとのアルジェリア代表コンビの連携も光った。

ライバル躍動で侍ストライカーは苦境に…

 1点を追うポルトは後半も攻め込んだが決め手を欠いた。後半38分には途中出場したポルトMFコロナのシュートがレスターゴールを襲ったが、シュートはMFオルブライトンをかすめ右ポストを叩いた。レスターは終盤にFWスリマニ、MFマフレズをベンチに下げ、後半アディショナルタイムには最後の交代枠を使ってFWヴァーディに代えてFWムサを投入。ラニエリ監督は、侍ストライカーの力を必要としなかった。

 岡崎はCL2試合連続の出番なしに終わったが、クラブ史上初のCL参戦となったレスターは同大会の優勝経験もあるポルトを相手に1点を守りきり2連勝を飾った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/28(水) 6:53

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ