ここから本文です

大谷翔平、日本ハムVへ導く熱投「最高のシチュエーション、楽しかった」。2年ぶり2ケタ勝利&本塁打も達成

ベースボールチャンネル 9/28(水) 22:40配信

先輩・菊池雄星との投げ合いを制す

 28日、西武プリンスドームで埼玉西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズ戦が行われ、優勝マジック「1」とし、優勝に王手をかけていた日本ハムが、西武に1-0で競り勝ち、2012年以来4年ぶり7度目(前身の東映時代を含む)のパシフィックリーグ優勝を果たした。

 花巻東の先輩・菊池雄星との投げ合いを制した大谷翔平。

 9回を1人で投げぬき、1安打1四球15奪三振、125球の熱投。チームを見事優勝へ導いた。これで今季10勝(4敗)、2014年以来の2ケタ勝利、2ケタ本塁打を達成した。

 試合後の大谷のコメント。

プレッシャーの掛かるマウンドが成長する一番のポイント

――最後はどんな気持ちでマウンドに?
 こみあげてくるものもありましたけど、淡々と冷静に行けていたので、ソフトバンク戦とは真逆の感じかなと思います。

――投げる前からそうしようと?
 特にそんなことはないですし、いいあんばいで自分を制御しながら行けていたのかな。

――ここ1番でそれができた要因は? 
 そうですね。昨日で決まらなかったのもそうですし、自分の番で回ってくるというのもなかなかあることじゃない。相手が雄星さんが先発というのも、僕的には特別な感覚で投げるので勝つには最高のシチュエーションで回って来たなという想いでマウンドに行きました。僕の中では楽しく投げられました。

――今年の大谷選手は落ち着いて投げていた。
 国際大会でもそうですし、こないだのソフトバンク戦もそうですし、こういうプレッシャーの掛かるマウンドが成長する一番のポイントと思いますし、こうやって優勝を決めて、最後まで投げられたのは成長できる要素だったと思います。

――今日はスライダーが多かった。
 真っすぐとスライダーがすごく良かった。初回の入りを見てもそうですけど、相手が追い込まれるのを相当に嫌がっている印象を持ちました。だから、追い込んだら勝ちだなと思ったので、二つで十分かなと思う。

――それが三振が多くなった要因?
 そうですね。追い込んで、二択で勝つっていう感じかなと思う。フォークのほうがもっていかれる可能性も高いので、スコアが3-0になってから投げ始めようかなと思ったんですけど、ずっと1-0だったんで、真っすぐとスライダーで行きました。



氏原英明

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/28(水) 22:40

ベースボールチャンネル