ここから本文です

ブラッド・ピット、新作プレミアを欠席 「今は家族の問題に向き合いたい」

女性自身 9/28(水) 11:03配信

離婚騒動の渦中にあるブラッド・ピットが、新作映画のプレミアを欠席することがわかった。

ピットはテレンス・マリック監督のドキュメンタリー映画『ヴォヤージュ・オブ・タイム』でナレーターを務めており、米国時間28日夜にカリフォルニアのサイエンス・シアターで行われるプレミア上映に出席する予定だった。

「テレンスの『ヴォヤージュ・オブ・タイム』は、言葉を失うほど美しく、子どもや家族にとって唯一無二のIMAX体験となる年代記です。このような素晴らしい、教育的なプロジェクトに参加できたことに心から感謝しています。しかし、今は家族のことに注力しています。そして、あらゆる人に見てほしいと願っているこの作品から、目をそらしてほしくないのです」

USA TODAYに向けた声明の中で、ピットは欠席の理由をこう語っている。

実際、いま公の場に姿を見せても、マスコミの質問が離婚問題に集中することは火を見るよりも明らかだ。ピットは妻のアンジェリーナ・ジョリーから、19日に離婚を申請された。申請された側は、30日以内に裁判所へ返答しなくてはならない。現在はその猶予期間のまっただ中であり、さらに児童虐待の疑いでFBIの調査も受けている状況にある。

『ヴォヤージュ・オブ・タイム』は過去、現在、そして未来の宇宙を探究し、地球に命を授かった生物たちの営みを圧倒的な映像で捉えたドキュメンタリーフィルムだ。90分の35mm版はケイト・ブランシェットが、45分のIMAX版ではブラッド・ピットがそれぞれナレーションを担当している。

最終更新:9/28(水) 11:03

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。