ここから本文です

“40歳”トッティ、過去にレアル加入間近だったことを明かす「オレの心を選んだ」

フットボールチャンネル 9/28(水) 8:00配信

 “ローマの王子”こと生ける伝説フランチェスコ・トッティが、27日に迎えた40歳の誕生日を祝った。伊メディア『スカイ・スポルト24』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 先日行われたセリエA第6節トリノ戦でセリエA通算250得点を達成したトッティ。23年間ローマ一筋に生きて来た同選手は、同日“40歳”を迎えた。

 イタリアだけでなく世界中からお祝いのメッセージを受け取ったトッティは、「みんなありがとう。このような賛辞を受けるなんて全く期待していなかった」と喜びを伝えると、「今朝は電話の電源を切り、誰にも会わないよう仮病を使うつもりだったんだけど、今日の素敵なこと全てを受け入れることに決めた」と照れながら心境を語っている。

 そして、「どのようにして今日に至ったかは分からない。意欲や情熱はまだあるよ。まだ楽しみたい」と言葉を続けると、「辛い時は何度も味わった。特に怪我をした時にはね」と過去を振り返った。

 トッティが過去にレアル・マドリーへの移籍に迫っていたことは周知の事だ。これについて、「2003年に移籍しようとしていたよ」と詳細を明かすと、「それから心が、友人が、家族が考え直させたんだ」と止めた理由を告白。そして、「最後から2度目に結んだ契約で問題が生じていた時には本当にチームを変えようと思った」と衝撃的な裏話も暴露している。

 しかし結局ローマに残り、チームの象徴として23年目に突入した。「オレはグループの一員だし、ずっとこのグループの一員となってきた」と出番が少なくなった現状にも前向きな発言をするトッティ。40歳になっても、ローマへの情熱は23年前と全く変わってはいないようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/28(水) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。