ここから本文です

「もっと適応しろ」PSG指揮官、出場機会の少なさを訴える若手FWに返答

フットボールチャンネル 9/28(水) 8:00配信

 パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督は、チーム内での不遇を訴えるFWヘセ・ロドリゲスについて「もっと適応すべき」と述べている。27日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 スペインのラジオ局『カデナ・コーペ』のインタビューに答えたエメリ監督。今夏、レアル・マドリーからPSGに加入したものの出場機会の少なさに不満を述べるFWヘセについて「まだ彼自身の望む居場所を見つけていないが、よくやっている。ただ、彼は適応しなければいけない。しかし、それは時間の問題だと思っている」と述べる。

 また、先日ヘセが「控えになるためにPSGに来たのではない」と発言したことには、「ささいなストレスであったのだろう」と大きな問題と捉えていない旨の発言を残している。

 また、今夏チームはビッグネームの補強を行わなかったが「チームには満足している。プロジェクトは、ビッグネームと契約するためでなく、次の試合のために向け強固にされているのだ。チームはヨーロッパのトップへの道を歩んでいる。ナセル・アル=ケラフィ会長は非常に気さくで、サッカーについて議論もできる」とチームへの満足感を口にしている。

 また、クリスティアーノ・ロナウドのようなビッグネームの獲得について「彼は驚くべきフィジカルとクオリティを持っている。だが、彼はマドリーに残留することを望んでいる記事を目にしたよ」と現実的でないことを述べた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/28(水) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。