ここから本文です

『湯を沸かすほどの熱い愛』メイキング映像、オダギリジョーと松坂桃李のやりとりが明らかに

リアルサウンド 9/28(水) 17:01配信

 宮沢りえ主演作『湯を沸かすほどの熱い愛』より、オダギリジョーと松坂桃李にスポットを当てた新場面写真とメイキング映像が公開された。

 本作は、自主制作映画『チチを撮りに』の中野量太監督が“死にゆく母と、残される家族の愛と絆”という普遍的なテーマを描く人間ドラマ。余命を宣告される母親・双葉を宮沢りえが演じ、双葉の娘を杉咲花、双葉のダメな夫をオダギリジョー、双葉と出会い人生を見つめ直す青年を松坂桃李がそれぞれ演じている。

 公開されたのは、幸野家の父・一浩(オダギリジョー)と拓海(松坂桃李)が“幸の湯”の釜場にて、汗を流し薪をくべるシーンが収められている。栃木県・足利市に実在する“花の湯”で撮影されたメイキング映像には、薪をくべる松坂桃李のもとへ優しい笑みを浮かべながら近づくオダギリ・ジョーの姿が収められている。

 中野監督は、撮影時の様子について「炉の前は想像よりもはるかに熱く、カメラマンがのぼせてしまうほどだった」と撮影時を様子を明かし、そんな過酷な現場の中でも「オダギリさん、松坂さんは二人とも、子どもの火遊びではないけれど、火を焚くのがとても楽しそうで、(火を焚くのは)人間の本能なのか、演技指導はほとんどなく自然な芝居が出来ていた」と振り返った。 (リアルサウンド編集部)

リアルサウンド編集部

最終更新:9/28(水) 17:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。