ここから本文です

5大会ぶりのU-20W杯出場へ! G大阪の”至宝”堂安らAFC U-19選手権に挑む23名が発表

Football ZONE web 9/28(水) 18:35配信

小川、三好ら“東京五輪世代”の主力も順当に招集 久保は飛び級招集ならず

 U-19日本代表を率いる内山篤監督は28日、都内のJFAハウスで10月13日に開幕するAFC U-19選手権の登録メンバーを発表した。この世代で得点源と期待されるジュビロ磐田のFW小川航基、18歳ながらすでにガンバ大阪のトップチームで出場経験を得ているMF堂安律ら23人が名を連ねた。現在インドで行われているAFC U-16選手権を戦うFW久保建英(FC東京U-18)らの“飛び級招集”はなかった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今大会は来年韓国で開催予定のU-20ワールドカップ(W杯)出場権をかけた予選となっているが、日本は過去4大会連続でアジア予選で敗退。U-20W杯出場はDF内田篤人(現シャルケ)、槙野智章に柏木陽介(ともに現浦和)、森重真人(現FC東京)、香川真司(現ドルトムント)らを擁して07年カナダ大会に参戦した“調子乗り世代”以降、世界の舞台を経験できていない。

 この世代は現在U-16 AFC選手権を戦っている世代とともに、4年後の2020年東京五輪代表の中核を担うメンバーと目されているだけに、アジアの戦いを勝ち抜き、5大会ぶりに期待をかけられている。その中で内山監督は今月下旬に行われたU-19日本代表候補合宿を経て、大会に臨むメンバーを選出した。

 そのなかには26日に行われた日体大との練習試合(3-2でU-19の勝利)で2ゴールを決めた小川、先週末に行われたJ1セカンドステージ第13節で今季3点目を決めたMF三好康児(川崎)、同セカンドステージで3試合に出場し、J3のG大阪U-23ではレギュラー格の堂安らを選出している。

GLはイエメン、イラン、カタールと同居

 同大会で日本はC組に入り、イエメン戦(日本時間14日22時30分キックオフ)、イラン戦(同17日22時30分)、カタール戦(同20日22時30分)に臨む日程となっている。2大会ぶりにU-17W杯出場権を獲得した“弟分”に続き、5大会ぶりとなる本戦出場権を獲得する戦いが始まろうとしている。

 U-19日本代表メンバーは以下の通り。

AFC U-19選手権バーレーン2016
「U-19日本代表メンバー&スタッフ」

【選手】
GK
1 小島亨介(早稲田大)
12 廣末 陸(青森山田高)
23 若原智哉(京都サンガF.C.U-18)

DF
2 藤谷 壮(ヴィッセル神戸)
3 中山雄太(柏レイソル)
4 町田浩樹(鹿島アントラーズ)
5 冨安健洋(アビスパ福岡)
6 初瀬 亮(ガンバ大阪)
16 岩田智輝(大分トリニータ)
19 舩木 翔(セレッソ大阪U-18)
22 板倉 滉(川崎フロンターレ)

MF
7 神谷優太(湘南ベルマーレ)
8 三好康児(川崎フロンターレ)
10 坂井大将(大分トリニータ)
11 長沼洋一(サンフレッチェ広島)
15 堂安 律(ガンバ大阪)
17 市丸瑞希(ガンバ大阪)
18 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
21 原 輝綺(市立船橋高)

FW
9 小川航基(ジュビロ磐田)
13 岸本武流(セレッソ大阪)
14 中村駿太(柏レイソルU-18)
20 岩崎悠人(京都橘高)

【スタッフ】
監督●内山 篤 コーチ●木村康彦 
GKコーチ●佐藤洋平 コンディショニングコーチ●小粥智浩

【日程】
AFC U-19選手権バーレーン2016(マナマ)
◆組み合わせ
グループA:バーレーン、タイ、韓国、サウジアラビア
グループB:北朝鮮、UAE、イラク、ベトナム
グループC:カタール、日本、イエメン、イラン
グループD:ウズベキスタン、中国、オーストラリア、タジキスタン

◆U-19日本代表大会スケジュール
10月14日(金) 対イエメン(現地時間16時30分/日本時間22時30分)
10月17日(月) 対イラン(現地時間16時30分/日本時間22時30分)
10月20日(木) 対カタール(現地時間16時30分/日本時間22時30分)
10月24日(月) 準々決勝
10月27日(木) 準決勝/プレーオフ
10月30日(日) 決勝/プレーオフ

※上位4ケ国がFIFA U-20ワールドカップ韓国2017の出場権を獲得。韓国が準決勝に進出した場合は準々決勝で敗退した4チームにより、5位決定プレーオフを実施。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/28(水) 18:56

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。