ここから本文です

腐敗する英国サッカー界… プレミア監督経験者8人とGMも裏金を着服と、英紙が再び暴露

Football ZONE web 9/28(水) 20:18配信

アラダイス政権を崩壊させた「テレグラフ」紙が、再びおとり取材で衝撃スクープ

 イングランドサッカー協会(FA)は、英メディアによるおとり取材でスキャンダルが発覚していたサム・アラダイス監督を契約解除とすることを発表した。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 今回の問題はFIFAなどが禁止している「第三者による選手の保有」規定を回避する指南役として、アラダイス監督が40万ポンド(約5400万円)の契約を結んだことが、英紙「テレグラフ」によるおとり取材で発覚したことが発端だった。FAは「アラダイスの行為は代表監督としてふさわしくない」として、在任わずか67日での解任となったが、アラダイス監督の悪徳ぶりをおとり捜査で暴露した同紙は、プレミアリーグの監督経験者8人に加え、クラブのゼネラルマネジャー(GM)が選手の移籍に伴う裏金を着服しているという腐敗ぶりを、再び暴露している。

 イタリア人の元代理人で、2005年に八百長問題でフットボール界から追放されたピノ・パリアラ氏ら代理人3人が、おとり取材で暴露したもの。

「自分が常に頼りにしているものがある。それはGMの金の亡者ぶりだ。イタリアは腐敗していると思っていたが、ここはさらに酷い」とパリアラ氏は語ったという。今回の報道ではクラブ名とGMの名前は伏せられているが、「彼は我々にウインクしながら、『この選手が欲しい。ピノ、私にも少しコーヒーをいただけるかね?』と言ってきた。『もちろんだよ。コーヒーの交渉もしてきます』となるんだよ」と話したという。

某トップクラブコーチの実名報道を予告

 元マンチェスター・ユナイテッドの選手で、現在は代理人を務めるスコット・マクガービー氏も、裏金を要求する監督4人の名前を挙げるなど、今回のおとり取材では疑惑の監督が8人浮上。スイスの銀行口座などに送金させ、選手のサラリーを余分に毎月8000ポンド(約108万円)支払う代わりに、4000ポンド(約54万円)をキックバックさせるなどの悪辣な手口を暴露している。

 同紙はアラダイス監督と同様、架空のアジア企業からギャランティを受け取った、プレミアリーグのトップクラブのアシスタントコーチを実名で報じると予告している。

 どのクラブの醜聞が明らかになるのか。スキャンダル噴出のイングランドサッカー界の激震は、まだまだ続きそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/28(水) 20:18

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。