ここから本文です

リベルタ杯、来年から”春秋制”に変更。2月から11月まで開催へ

フットボールチャンネル 9/28(水) 10:50配信

 南米サッカー連盟(CONMEBOL)が27日、2017年からコパ・リベルタドーレスとコパ・スダメリカーナの開催時期を変更することを発表した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 現在のリベルタドーレスは2月から7月まで開催されているが、これを来シーズンからは2月から11月まで開催に。スダメリカーナを6月から12月まで開催するスケジュールに変更するとのこと。

 今年のリベルタドーレス決勝はコロンビアのアトレティコ・ナシオナルとエクアドルのインデペンディエンテ・デル・バジェが対戦した。第1戦は1-1の引き分けに終わり、第2戦でナシオナルのボルハがゴールを決めたことから2-1となった。この結果、ナシオナルが今年12月に日本で開催されるクラブワールドカップに南米代表として参加することが決まっている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/28(水) 10:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革