ここから本文です

AKB48、ドキュメンタリー映画『存在する理由』大反省会をSHOWROOMで配信決定

リアルサウンド 9/28(水) 22:17配信

 ライブ動画ストリーミングプラットフォーム・SHOWROOMが10月6日20時より、映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』の特別番組を配信する。

 同番組では、『DOCUMENTARY of AKB48』シリーズの第5弾である『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』についての“大反省会”と題し、同作の監督を務めた石原真氏や、光文社エンタテインメント編集部編集長の青木宏行氏、AKB48グループ総支配人の茅野しのぶ氏、『DOCCUMENTARY of AKB48』シリーズ制作プロデューサーの北川謙二氏、ライターの小島和弘氏、コラムニストの中森明夫氏、映画プロデューサーの古澤佳寛氏、MCにはニッポン放送の吉田尚記氏を迎え、「なぜこのカットを入れたのか?」、「なぜこのカットを入れなかったのか?」など視聴者からも意見を募りながら、熱く語りあうという。

 また、Twitterでは番組について、下記質問に対する意見を募集。「(1)あなたはアイドルドキュメンタリーに何を求めますか?」「(2)あなたが第5弾のドキュメンタリーで取り上げて欲しかったメンバーは?」「(3)あなたが監督をするとしたら、どんなテーマで撮りたかったか?」のうち、質問の番号と意見をハッシュタグ「#存在する理由大反省会質問」を付けて投稿を呼び掛けており、当日は寄せられた意見も紹介しながら討論を行なう(質問の締切は10月5日の正午まで)。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/28(水) 22:17

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。