ここから本文です

韓国代表監督が突然の謝罪。出場機会少ない欧州組の起用めぐり猛批判

フットボールチャンネル 9/28(水) 15:00配信

 W杯アジア最終予選を戦う韓国代表。10月の連戦に向けてメンバーを発表した際、シュティーリケ監督が突然謝罪した。韓国は9月の連戦で1勝1分。連勝を狙っていたとはいえ、謝罪にまで追い込まれた背景には何があるのか。(取材・文:キム・ドンヒョン【城南】)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

国内組が急増した韓国代表

 26日、2018年ロシアW杯最終予選第3・4戦を戦う韓国代表メンバーを発表する記者会見が開かれた。ホームでカタールと、イランでアウェイ戦を戦う。ウリ・シュティーリケ監督が出した23人は以下の通り。

GK: キム・スンギュ(神戸)、キム・ジンヒョン(C大阪)、クォン・スンテ(全北現代)

DF: キム・ギヒ(上海申花/中国)、ホン・ジョンホ(江蘇蘇寧/中国)、チャン・ヒョンス(広州富力/中国)、カク・テヒ(FCソウル)、イ・ヨン、チョン・ドンホ(以上、蔚山現代)、オ・ジェソク(G大阪)、ホン・チョル(水原)

MF: チョン・ウヨン(重慶力帆/中国)、キム・ボギョン(全北現代)、ハン・グギョン(アール・ガラファー/カタール)、ソン・フンミン(トッテナム/イングランド)、イ・ジェソン(全北現代)、イ・チョンヨン(クリスタルパレス/イングランド)、キ・ソンヨン(スウォンジー/イングランド)、ナム・テヒ(レクイヤ/カタール)、グ・ジャチョル、チ・ドンウォン(以上、アウグスブルク/ドイツ)

FW: ソク・ヒョンジュン(トラブゾンスポル/トルコ)、キム・シヌク(全北現代)

 一見普段と変わらないと感じられる。しかし、前回のメンバー構成とは全く違う。国内組が前回招集メンバーの1人から8人と急増しているところだ。ベテランのカク・テヒを含め、細密な左足が持ち味のホン・チョルが代表に復帰。そしてJリーグファンにもおなじみのキム・ボギョンが久々に代表に名を連ねた。

 一方、チョン・ソンリョン(川崎)が膝炎症で漏れ、小柄ながら国内屈指の反射神経を持つクォン・スンテが加わった。また前回は20人のみ招集されていたものの、今回は23人しっかりと呼んでいる。そしてシュティーリケ監督は自ら“反省”を口にし、この招集名簿に意味を込めた。

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 15:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革