ここから本文です

【J1】第2ステージ・13節終了時のCS暫定組み合わせ。次節に年間1位の座が入れ替わる可能性も

SOCCER DIGEST Web 9/28(水) 15:15配信

1位・川崎と2位・浦和の年間勝点は2ポイント差と肉薄。

 昨季に続き、今季も開催される「Jリーグチャンピオンシップ」は、最大5チームが出場の切符を手にできるレギュレーション。各ステージ覇者+年間勝点1~3位に出場権が与えられる。
 
 そして、第2ステージ・13節を終えた時点での暫定の組み合わせは表のとおり。年間1位の川崎が決勝進出。第2ステージ暫定首位で年間勝点2位の浦和と、第1ステージ覇者で年間勝点3位の鹿島が、準決勝(1回戦制)で戦うことになる。
 
 今節は、横浜との打ち合いを制した川崎、また広島に快勝を収めた浦和が、ともに勝点3を積み上げた。それでも、川崎は年間勝点66、浦和が64と両チームの勝点差は2ポイントと肉薄。すでにチャンピオンシップ出場を決めている両者だが、次節にも年間順位では逆転の可能性がある。
 
 そして、ステージ順位では首位に4ポイント差で3位につけるG大阪も、第2ステージ優勝からチャンピオンシップ出場を狙う。次節は、そのG大阪と浦和が対戦。また川崎の相手は、リーグ戦6戦負けなしと好調の神戸だ。果たして10月1日の14節はどんな展開となるのだろうか。
 
 チャンピオンシップは、11月6日(日)に1回戦、同23日(水・祝)に準決勝が行なわれ、ホーム&アウェー方式の決勝は第1戦が11月29日(火)、第2戦が12月3日(土)に行なわれる。

【PHOTO記事】美女揃いのサッカー選手パートナーで多いのは芸能人、メディア関係者、一般人のどれ?

最終更新:9/28(水) 15:32

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。