ここから本文です

映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』:天才ピアニストと過ごす至福の81分

ローリングストーン日本版 9/28(水) 12:00配信

イーサン・ホークが、ひとりの元コンサート・ピアニストに迫ったドキュメンタリー映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』は、忘れ去られたアーティストたちに再びスポットライトを当てる。

【予告編はこちら】映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』:天才ピアニストと過ごす至福な81分

イーサン・ホークが初めて監督に挑んだドキュメンタリー映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』について、あまり語りすぎるのはよくない。ピアノ教師と作曲に専念するため50歳でステージを去った80過ぎのクラシック・ピアニスト、シーモア・バーンスタインにただ寄り添うことで、人生の哲学を学ぶことができるからだ。

ホークはマンハッタンのパーティでシーモアに出会い、アート、ステージへの恐怖、成功への誘惑などについて語り合った。そこでホークは、もっと多くの人がシーモアの話を聞くべきだと思ったのだ。これは、我々にとって幸運なことである。

シューベルト、ショパン、ベートーヴェンについての考察

このホーク監督のデヴュー作には感謝しなければならないだろう。本作は、シューベルト、ショパン、ベートーヴェンのピアノについての考察をはじめ、シーモアの雄弁で説得力のある言葉の数々で溢れている。伝記映画ではないものの、我々はシーモアの韓国での従軍経験(彼が兵士に捧げたコンサート映像は大いにその影響を受けている)や、彼の才能を認めなかった父親との確執などを映画を通じて知ることができる。

映画の大部分は、シーモアが彼自身と生徒たちのために演奏する姿や、ホークがアレンジした貴重なコンサートのための準備などが描かれる。オスカーに2度ノミネートされた経験のある名優ホークも、本作のスクリーンにはわずかしか登場しない。ホークは誰にスポットライトを当てるべきか、十分承知しているのだ。信じてほしい。シーモアと過ごす愉快で生き生きとした心震える81分を見逃したら、あなたはきっと後悔する。

『シーモアさんと、大人のための人生入門』
監督:イーサン・ホーク
出演:シーモア・バーンスタイン、イーサン・ホーク、マイケル・キンメルマン、アンドリュー・ハーヴェイ、ジョセフ・スミス、キンボール・ギャラハー、市川純子ほか
2016年10月1日(土)、シネスイッチ銀座、渋谷アップリンクほか全国順次ロードショー。
http://www.uplink.co.jp/seymour/

Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

Peter Travers

最終更新:9/28(水) 12:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他