ここから本文です

1977年に宇宙へ打ち上げた「ゴールデンレコード」、ビニール盤の再発へ向け準備中

ローリングストーン日本版 9/28(水) 11:00配信

1977年、NASAが宇宙へ向けて送り出した音や画像を再現するプロジェクト。クラウドファンディングKickstarterでの資金集めも順調で、新たなボックスセットとなって蘇る。

【動画あり】1977年に宇宙へ打ち上げた「ゴールデンレコード」、ビニール盤の再発へ向け準備中

ボイジャー・ゴールデンレコードは、地球を代表する音や画像を集め、1977年にボイジャー探査機に搭載して宇宙人へ向け発射されたものである。打ち上げ40周年を記念し、その音源や映像がアナログ盤として再発行される。再発プロジェクトの資金集めにはクラウドファンディングサイトのKickstarterが利用され、2016年9月21日にスタートしてまもなく目標の198,000ドル(約2千万円)を大きく上回る金額が集まった。

1977年にNASAの打ち上げたボイジャー1号と2号に搭載されたディスクのコンテンツは、有名な天文学者カール・セーガンや音楽研究家アラン・ローマックスなどの有志メンバーによる特別委員会が選定し、決定した。ディスクには、ベートーヴェンの交響曲第5番『運命』やインドの古典音楽ラーガの楽曲、そしてセーガンもローマックスも特にファンという訳ではなかったが、チャック・ベリーの『ジョニー・B.グッド(原題:Johnny B. Goode)』も収められた。

音楽のほか、雨音、犬の吠え声、クジラの鳴き声、キスの音、笑い声、船やトラクターの音など地球上のさまざまな音声と55ヵ国語の言葉も加えられた。人間などを描いた100以上の画像もアナログでコード化してディスク上に記録された。

ゴールデンレコードのCD盤は1992年にリリースされている。またNASAは、各言語による挨拶と地球上の音声をSoundCloudで公開している。今回のボックスセットは、ビニール盤での初のリリースとなる。金色に輝く半透明のビニール盤LPに、オリジナルのゴールデンレコードに収録されていたすべての音楽や音声が収録される。ボイジャーに搭載されたオリジナル・ディスクの回転数は16 2/3RPMだったが、新しいボックスセットでは標準的な33 1/3RPMになっている。

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 11:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。