ここから本文です

元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー、UFC 207でのタイトルマッチで復帰か?

ローリングストーン日本版 9/28(水) 12:30配信

ロンダ・ラウジー、アマンダ・ヌネスを下してタイトルを奪還し、新年に輝くか?

どうやら我々は年末までにロンダ・ラウジーをオクタゴンで見ることになりそうだ。今回は本物だ。
UFCプレシデントのデイナ・ホワイトは、ブラジルO Globo紙の9月19日付の記事で、待望のラウジー復帰について示唆した。ホワイトは、ラウジーとクリス・サイボーグの対戦がいまなお"夢の一戦"であると語り(これでサイボーグはことあるごとにラウジーの悪口を言い続けやすくなる)、重ねてラウジー復帰はおそらくタイトルマッチになることも示唆した。ということは、バンタム級の現チャンピオン、アマンダ・ヌネスとの対戦が濃厚だということになる。

UFCデビュー戦で完敗、CMパンクの今後は?

情報筋がSporting Newsに明かしたところによると、ラウジーが実際に年内復帰を果たすとすれば、その舞台は米国時間12月30日のUFC 207でのヌネス戦になる見通しだとされる。

高まる期待感に油を注ぐように、ラウジーのトレーナーであるエドモンド・ターヴァディアンがESPNの取材でラウジーの現状について語っている。ターヴァディアンは、UFC 193でホーリー・ホルムにノックアウトされてからのラウジーの初めての試合について、まだ何も決まっていないとしながらも、年末までにはベルト奪回を目指して戦う"可能性"があると語ったのだ。

「復帰戦について議論はしているが、まだ最終決定は下していない」とターヴァディアンは語っている。「年内にベルト奪還戦を行う可能性はあるが、まだ決まっていることは何もない。今年復帰することになるなら、それでよい。そうならないのなら、復帰戦は来年になる。お待ちいただいているファンのみなさまには感謝する」

FOX Sportsはさらに一歩踏み込んで、ラウジーは実際にヌネス戦をオファーされているものの、まだ返事をしていない模様だと報じている。とはいえ、ヌネスのインスタグラムによれば、我々は近日中にもエキサイティングなカード決定情報を期待していてよさそうだ。

Translation by Tetsuya Takahashi

Scott Rafferty

最終更新:9/28(水) 12:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。