ここから本文です

元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー、UFC 207でのタイトルマッチで復帰か?

ローリングストーン日本版 2016/9/28(水) 12:30配信

ロンダ・ラウジー、アマンダ・ヌネスを下してタイトルを奪還し、新年に輝くか?

どうやら我々は年末までにロンダ・ラウジーをオクタゴンで見ることになりそうだ。今回は本物だ。
UFCプレシデントのデイナ・ホワイトは、ブラジルO Globo紙の9月19日付の記事で、待望のラウジー復帰について示唆した。ホワイトは、ラウジーとクリス・サイボーグの対戦がいまなお"夢の一戦"であると語り(これでサイボーグはことあるごとにラウジーの悪口を言い続けやすくなる)、重ねてラウジー復帰はおそらくタイトルマッチになることも示唆した。ということは、バンタム級の現チャンピオン、アマンダ・ヌネスとの対戦が濃厚だということになる。

UFCデビュー戦で完敗、CMパンクの今後は?

情報筋がSporting Newsに明かしたところによると、ラウジーが実際に年内復帰を果たすとすれば、その舞台は米国時間12月30日のUFC 207でのヌネス戦になる見通しだとされる。

高まる期待感に油を注ぐように、ラウジーのトレーナーであるエドモンド・ターヴァディアンがESPNの取材でラウジーの現状について語っている。ターヴァディアンは、UFC 193でホーリー・ホルムにノックアウトされてからのラウジーの初めての試合について、まだ何も決まっていないとしながらも、年末までにはベルト奪回を目指して戦う"可能性"があると語ったのだ。

「復帰戦について議論はしているが、まだ最終決定は下していない」とターヴァディアンは語っている。「年内にベルト奪還戦を行う可能性はあるが、まだ決まっていることは何もない。今年復帰することになるなら、それでよい。そうならないのなら、復帰戦は来年になる。お待ちいただいているファンのみなさまには感謝する」

FOX Sportsはさらに一歩踏み込んで、ラウジーは実際にヌネス戦をオファーされているものの、まだ返事をしていない模様だと報じている。とはいえ、ヌネスのインスタグラムによれば、我々は近日中にもエキサイティングなカード決定情報を期待していてよさそうだ。

Translation by Tetsuya Takahashi

Scott Rafferty

最終更新:2016/9/28(水) 12:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA