ここから本文です

安倍首相が解散総選挙を決断!? プーチン大統領の訪日が決め手となった裏事情とは

週プレNEWS 9/28(水) 6:00配信

8月下旬、財務省の幹部官僚から本誌記者に衝撃的な情報がもたらされた。「官邸からウチのトップに、総理の12月のスケジュールを全面的に空けておくようにとの指示が入った」というのだ。

首相や閣僚にとって12月はかなり忙しくて重要な時期。それなのに一切の予定を入れたくないというのは異例極まりないこと。官邸サイドはその理由を「外交日程のため」だと説明したそうだが、1ヵ月も必要な外交案件なんて存在するはずがない。つまり、ウソってことだ。

ウソをついてまで1ヵ月も空白期間をつくりたい事情はひとつしかない。解散だ。財務省の幹部が次のように証言する。

「財務省に関係する12月の政治日程といえば、最も重要なのが来年度予算案の閣議決定で、例年は12月23日から25日にかけて行なわれます。閣議決定を済ませなければ、年明けの通常国会で予算案を審議することすらできませんから、キャンセルなんて絶対にありえないんです。

また、銀行協会や経団連などの経済主要団体の忘年会への出席も重要です。これも安倍首相にとって、選挙対策や政権基盤の安定に欠かせない行事ですから。

それなのに12月を丸々空けたいということは、もう解散総選挙しか考えられない。解散してしまえば、予算案の閣議決定は選挙後になりますし、忘年会に出席しなくても誰も怒りませんから」

民進党の新代表に蓮舫氏が就任したことも早期解散を後押しする材料だ。「民進党の支持率は超低空飛行状態がずっと続いていたけど、蓮舫さんになってどの程度変わるのか、われわれも注目していた。しかし二重国籍問題が浮上し、以前よりも明らかに弱体化した」と話すのは、ある自民党議員。

さらに、来年6月に予定されている東京都議会議員選挙も解散時期に影響している。

「これから小池(百合子)さんが新党を作る可能性もあるし、都政の先行きは非常に不透明です。そして連立パートナーの公明党さんは都議会を非常に重視していて、衆院選と都議選の日程をなるべく離したいという強い要望がある。だからなるべく早く解散するか、逆に都議選の後に選挙をするしかない」(前出の自民党議員)

しかし、解散の理由は何か? 「どうもロシア関係でいい外交成果が得られるんじゃないかという話がある」と自民党関係者は言うが…。

そこで取材を進めると、12月のロシア・プーチン大統領の訪日をきっかけに「歯舞群島と色丹島の『2島先行返還』に向けて本格交渉を始める」という方針が見えてきた。

つまり、「北方領土4島一括返還」の姿勢を転換し「2島を先行して返還させる方向で交渉することの是非を問う」のが、解散総選挙の理由になるのだ。

発売中の『週刊プレイボーイ41号』では、現状で濃厚とされる解散総選挙の日程を公開。永田町や霞が関周辺の徹底取材で見えてきた安倍政権の思惑を、ぜひお読みいただきたい。

(取材・文/菅沼 慶)

■週刊プレイボーイ41号「安倍首相が『北方領土解散』を決断した!!」より

最終更新:10/1(土) 16:21

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。