ここから本文です

イベリア半島にたたずむ家族経営の隠れ家ホテル

ニューズウィーク日本版 9/28(水) 10:50配信

<スペイン南東部にある、60年代には社交界のセレブがこぞって休暇を過ごしたホテル「マルベーリャクラブ」は、大手チェーンにはない「変わらなさ」が客を引きつける>

 とかくこの世界は目新しさがもてはやされるもの。いつだって新品があふれ、私たちはソーシャルメディアからダイエット法まで、常に流行に敏感でいようと必死だ。

 だが時には、慣れ親しんだ心地よさに浸りたいこともある。私たちは人生を導いてくれる道しるべを必要としている。そうでなければ、あちらこちらから響く誘惑の声に誘われるままに向きを変え、新しいものの広大な海をあてどなく漂流することになってしまう。

 そんな理由もあって私は、家族経営のホテルが好きだ。なかでも最上級のホテルは強固な灯台のごとくそびえ立ち、容赦なく襲い掛かる流行の波にびくともしない。こうしたホテルの魅惑的で洗練された歴史、その変わらない本質に、私はどうしようもなく引かれてしまう。

 最近、シャトー・サンマルタンに滞在した。南仏プロバンスの丘に立つホテル&スパは、評判どおりの素晴らしさだった。

【参考記事】変貌する国際都市ダブリンを行く

 ただし何より私の心を打ったのは、このホテルの親しみやすさだ。大理石も金メッキもタペストリーも、どこか懐かしい気がした。このホテルを経営するのが、パリのル・ブリストルや南仏アンティーブのオテル・デュ・キャップ・エデン・ロックのオーナーと同じオトカー家だと聞いて納得がいった。

 同じことが、スイスのグシュタード・パレスにも言える。冬季には座り切れないほどの客であふれる「ロビーバー」が有名なホテルだ。経営するシェルツ家は、当初は従業員としてホテル経営に参画し、その後オーナーとなった。多少の変化はあるものの、このホテルは75年の映画『ピンク・パンサー2』の舞台となった70年代半ばの面影をしっかりと残している。

 断トツで気に入っている家族経営ホテルは、スペインのイベリア半島にあるマルベーリャクラブだ。白状しておくと、私はこうしたホテルと利害関係がある。マルベーリャクラブについては本を書いたことがあるし、グシュタード・パレスに関する執筆にも協力したことがあるから、ひいき目に見る部分はあるかもしれない。

 60年余り前に建てられたマルベーリャクラブの創業秘話は、おとぎ話さながらだ。ドイツ王族の子孫だった若く美しいアルフォンソ・フォン・ホーエンローエ・ランゲンブルク王子が、残された財産は家族所有の城だけに近い状況に追い込まれた。



 そこで彼は、アメリカで見たモーテルを参考に小さな宿屋を開業した。場所はスペイン南部のマラガと、イベリア半島南東端のジブラルタルの中間。湾岸道路のわだち道沿いで、当時は車よりもロバの姿のほうが多かったような場所だ。

 そのマルベーリャクラブが、60年代までに華麗な進化を遂げた。社交界を写し続けた伝説的な写真家スリム・アーロンズに写真を撮られたことがあるようなセレブが、夏の休暇にこぞって訪れるホテルになったのだ。

設備の改善もさりげなく

 アルフォンソはシェークスピアの『テンペスト』の主人公、プロスぺロの現代版という感じ。自身の人間的魅力と簡素な部屋だけを材料に、魅惑の王国をつくり出した。

 プロスぺロの島と同じく、マルベーリャクラブもまた外界から切り離されていた。開業から数年後にようやく電話回線が引かれたが、それでも宿泊客は概して現実から隔離されていた。新聞も見ず、ラジオもテレビもなかったが、代わりに毎夜パーティーが催された。

 今ではこのホテルはシャムーン家が所有している。彼らは施設をアップグレードし、バーやレストラン、スパ、キッズクラブやゴルフコース、セレクトショップやWi-Fiなど現代的なホテルに必須の装備を加えた。

【参考記事】ポルトガルで出合う究極のエッグタルト

 それでもアルフォンソの息子のウベルタス王子に言わせれば、今でもここには幼い頃から親しんできた社交場の空気が流れている。彼は毎年夏になるとここに戻り、パティオで深夜ラウンジを開く。

 施設の近代化はもちろん重要だが、家族経営の高級ホテルが提供してくれるのは「変わらなさ」だろう。わがホテルは魅力と親しみやすさを犠牲にしてまで改善を図ることはない――そう保証するためにも、一貫性を守ることが不可欠だ。

 家族経営のホテルには、快適で便利な大手ホテルチェーンがめったに提供できないような人と人とのつながりがある。ホテルチェーンは顧客ターゲットやマーケティングに引きずられて変化を追求し、本物らしさと個性を失いがちだ。

 偉大な家族経営ホテルの優れた点は、客に気付かれないほどそれとなく変化するところ。必要としていたことにさえ気付かなかったが、あればうれしい、といったものを提供してくれる。

 おかげで宿泊客は、いつ来てもこう感じることができる。すべてが素晴らしく、昔と変わらぬままだ、と。

[2016.9.27号掲載]

ニック・フォークス

最終更新:9/28(水) 10:50

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。