ここから本文です

国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

ニューズウィーク日本版 2016/9/28(水) 10:54配信

 世界経済フォーラム(WEF)が28日発表した国際競争力ランキングによると、スイスは8年連続で首位を維持した。日本は昨年の6位から8位に後退した。

 スイスは技術革新やビジネス環境、従業員の効率性で高い評価を保っており、特に技術力が大きく進歩したため、全体の競争力はWEFが2007年に現在のランキングを開始して以来最も高い評価を得た。

 このほか、2位はシンガポール、3位は米国で昨年と同じだった。

 中国は「BRICS」(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国)ではトップの28位だった。

 WEFは貿易の障壁が大きくなっていることが各国の将来的な成長力や技術革新に対するリスクとなっていると警告。また、先進国における量的緩和などの金融政策は長期的な成長を促すのには不十分であることが明らかになってきたとの見解を示した。

 ランキングは、社会制度、インフラ、保健と教育 市場規模、マクロ経済環境などの評価とともに、政府の効率性や透明性についての経営者の調査結果を指数化し、算定している。[チューリヒ 28日 ロイター]Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

最終更新:2016/9/28(水) 10:54

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-1・24号
1/17発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。