ここから本文です

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割 - Q.サカマキ Instagramフォトグラファーズ

ニューズウィーク日本版 9/28(水) 16:56配信

<オーストラリア最東端の街バイロンベイで、自らの娘を含む子供たちを撮るナタリー・グローノ。子供にとってビーチは「大自然にゆだねられたプレイグラウンド」であり、彼らと一緒に時を過ごすことは「魔法の世界へ招待されたようなもの」と彼女は言う>

 広大な大陸国家でありながら、その人口の圧倒的大多数が海岸線周辺に住むオーストラリアでは、ビーチ・ライフ、あるいはオーシャン・ライフは、ある種の宗教にも近い意味合いを持つ。人格形成にさえ大きな役割を果たしている。

 今回紹介するのは、そうしたオーストラリアのビーチ・ライフ・コミュニティを大陸最東端の街バイロンベイで、6歳と4歳になる自らの娘2人、あるいは他の子供たちを通してドキュメントしているナタリー・グローノだ。大学ではジャーナリズムを学び、その後、写真が本質的に持つ物語性の特質を知って、たちまち写真に恋をしてしまったという39歳の母親である。

 グローナはこう語る。子供にとってビーチは、大自然にゆだねられたプレイグラウンドだ。嵐が頭上を過ぎ去ったかと思えば、鳥が舞い、波が打ち砕かれ、人魚さえ現れる気がする。独創的な遊び場であるだけでなく、それを通して大自然の美しさと脅威を学びながら、自然との関係性を築きあげていく。かつて私もそうした世界を頻繁に訪れていたが、長女の誕生とともにもう一度この世界に戻りはじめた。ほぼ毎日、子どもたちと一緒に行事のようにビーチを訪れ、時代と共に変わりゆく様を、あるいは文字どおり一瞬に変貌する自然の驚嘆の様を感じ取りたい、と。

【参考記事】世界報道写真入賞作「ささやくクジラたち」を撮った人類学者

Little tree climbers #bw #childhood #family #camping #australianlife #everydayaustralia #byron #australia #outdoors Natalie Gronoさん(@nataliegrono)が投稿した写真 - 2015 2月 5 1:20午前 PST




I've a feeling we're not in Kansas anymore. We must be over the rainbow! @thefarmatbyronbay #childhood #childhoodeveryday #childhoodunplugged #byronbay #bw #blackandwhite #hikaricreative #beautifulbizarre Natalie Gronoさん(@nataliegrono)が投稿した写真 - 2016 9月 12 3:50午後 PDT


 また、彼女は言う。子供というものが先天的に持っている素直さとか美しさに、自分の子供が生まれる前から常に魅惑されてきた。彼らと一緒に時を過ごすことは、魔法の世界へ招待されたようなものだ、と。グローナは、子供時代の無邪気さと不安の間にあるリンク(繋がり)にも非常に興味があるそうだ。

 今、私の2人の子どもは、行事や遊びを通して互いに目に見えない糸を築き始めている。そうしたもの、あるいは取り囲む環境こそが(娘たちを含め)彼ら子供たちのアイデンティティを築きあげていく。それをプロジェクトとして見極めていきたい――彼女は続けてそう語った。

【参考記事】娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

 トレント・パークをはじめ、オーストラリアの優れた写真家の作品には、しばしば都会的な洗練さとプリミティヴさが同居している。それが見る者に対してマジカルな親密性を作り出す。グローナが言うように、それは先進国でありながら、大自然が彼らのアイデンティティ形成に大きな役割を果たしているオーストラリアだからこそ、かもしれない。

今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
Natalie Grono @nataliegrono

The Arrival. #bigprawn #seeaustralia #australianlife #bw #childhoodunplugged #motherhood #blackandwhite #landmark #childhoodeveryday #everydayeverywhere #everydayaustralia #australia #beautifulbizarre #hikaricreative Natalie Gronoさん(@nataliegrono)が投稿した写真 - 2016 8月 11 9:24午後 PDT

Q.サカマキ

最終更新:9/28(水) 16:56

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。